あ  い  か  て  い



大きな写真が見られます。

旧秋鹿邸





折敷に三つ巴
(橘姓/藤原を称す)



 秋鹿氏の祖は橘諸兄といい、その後、二十代の後裔・出雲守朝芳が出雲国秋鹿郡に地頭として住し、その地名をもって秋鹿を称した。ちなみに、秋鹿「あいか」と読む。

橘諸兄(たちばなのもろえ) 奈良時代の政治家。国政は、事実上橘諸兄が担当し、聖武天皇を補佐する事になる。

 橘朝芳の四代の孫・朝慶は、鎌倉4代将軍・藤原頼経(ふじわらの よりつね)に仕え、その一族に列して姓を藤原に改めた。そして、朝慶から六代にあたる左京亮朝治(さきょうのすけ ともはる)のとき、南北朝の争乱に遭遇し、朝治は足利尊氏に仕え、遠江国羽鳥庄の貴平郷、中泉郷、南郷の地頭に補された。以後、代々中泉に住し、ある時は武将として、ある時は代官として、また府八幡宮の神官として活躍した。
 室町時代になると、遠江守護の今川氏に仕え、地頭職とともに、府八幡宮の神主を勤めた。

 戦国時代、朝兼は今川氏親に仕え、その子の朝延は今川義元に仕えた。朝延が弘治三年に没すると、直朝が家督を継ぎ、天正十八年の「小田原の陣」に随従し、家康が関東に転封されると、常陸国に住した。慶長五年、関ヶ原の合戦ののち、遠江国の旧領を賜り、府八幡宮の神職となり、中泉に住して代官を務めたが、以後、子孫は徳川旗本として続いたが、19代綱吉の時に故ありて代官を罷免され、朝就の代より、府八幡宮神主に専従した。

 他方、朝兼の三男政朝は、永禄四年に家康に仕え別家を立てた。天正十一年、家康の娘が北条氏直に嫁したとき、付属せられて小田原に至った。十八年に小田原城が落ちると、上総国武射郡に籠居して死去した。あとを継いだ朝矩は徳川家康に仕えて、天正十二年の長久手の役に出陣して討死した。


秋鹿家略系図



   
 秋鹿家について

 秋鹿氏は、室町時代末期にその初代・左京亮朝治が出雲国秋鹿郡(現・松江市)から遠江国羽鳥庄 貴平郷(とうとうみのくに はとりのしょう きへいのごう)と中泉郷、南郷の地頭であり、神官でした。

秋鹿家の祖先は橘諸兄であると言われている。

 以来三十代にわたり、ある時は武将、旗本として、ある時は代官として、また府八幡宮の神官として活躍した。

 今川範国に仕え、地頭職とともに、府八幡宮の神主を勤めていましたが、その後、徳川家康に仕え、代官となりました。代官職を辞したのち府八幡宮(250石)神主に専従しました。

 第十四代・右馬助(朝延)が永正元年に秋鹿家の菩提寺である泉蔵寺(石原町)を寄進しました。

 最初は遠江国羽鳥庄貴平郷に居住していましたが、その後、磐田市御殿に屋敷を構え住んでいましたが、その地に徳川家康の御殿を建てることになり、代わりに府八幡宮領地である久保村の現在地に移り住みました。

 そのお屋敷(幕府からの拝領地)は、明治維新に於ける廃藩置県により、一時、明治政府に返上し、お屋敷跡は中泉公園として親しまれました。そして明治政府により払い下げられ、再び秋鹿家の所有となりました。

 明治の中頃には一部が料亭(旧・開莚楼)、遊郭(上・写真)、芝居小屋(明治22年〜42年まで照日座/その後、中泉座と改名)、借家、一般住宅として使用されるようになり、現在はそれらの建物は存在しないが、当時の中庭と池は今もその面影を残している。


   
旧中泉公園について

 幕府より拝領された秋鹿家の屋敷は、明治維新により所領没収となり、浜松県の収めるところとなりました。そして、明治6年11月3日より中泉公園として開園しました。その後、元の所有者である秋鹿家に払い戻されました。

 その庭園内には歴代当主が趣向を凝らした常磐木の巨木が深い林を成し、中に梅桜の林、楓の森があり、庭石の奇観、草花が彩りを添え、全景が松島を模した扇子池があり、遠州に於いて有数の名園といわれた。
 池の北東側には、趣味の集会等に使われた「不老斎」と名付けた平屋の建物がありました。

 公園内では、明治13年8月9日〜12日、園内に小屋がけして芝居が上演されたり、同14年には日本伝統の最後の手品師といわれた養老瀧五郎の手品が演じられたりした。明治22年には「照日座」が建てられ、後の明治42年に建て替えられ「中泉座」と改名される。そして戦時中に戦火を避けるために取り壊されたが、戦後、昭和21年には中泉座の跡地にスバル劇場が建てられ、映画、芝居、歌謡ショー、成人式、立会演説会等々に利用され、大衆に親しまれた社交の場でした。その頃、旧「開苑楼」「遊郭・常磐楼、三浦楼」なども建てられたと思われます。

 現在、その地の一部(池の周りの敷地約千坪)は磐田市の公園「中泉歴史公園」として、住民の憩いの場として存在しています。


*明治34年の春、当時の朝鮮の志士で朴泳孝が、同志の金応元、鄭東淳とともに此処(不老斎)に滞在して、朝鮮における政権再興のための秘策を練っていたことがあった。当時の朝鮮は政変が繰り返されていて、明治33年には朝鮮の内閣を転覆させ、李太王を率いて帰国し、政権を掌握しようという朴泳孝の陰謀が暴露されてしまった。朴泳孝は全宏集内閣の内務大臣を務めた人である。


現在の公園

 現在は、旧中泉公園の一部(約1000坪)が市の公園として残されています。
 2008年に旧開莚楼が所有していた敷地を市が購入しましたが、10数年間手入れがされていなかったため、荒れ放題になっていて、行政としては大胆な公園整備計画を予定していましたが、財政不況に伴い、予定していた公園化事業が頓挫しまして、2009年春より、地元有志のボランティアにより、密林のように生い茂っていた樹木の剪定、伐採、遊歩道の整備、池の清掃、石垣等の修理、竹柵設置等々を行い、2009年の10月から『中泉歴史公園』として、一般開放されています。

 現在も植樹、剪定、草取り、荒地の開墾等を継続し、公園整備を行っています。
 庭園と里山の風情を併せ持った昔ながらの風情を残した公園として、地元市民の憩いの場として愛されるものにしていきたいと思っています。
 最近では、カワセミの姿も見ることができます。
(現在は、私も含めて5名で整備を続けています。)
 


整備さえる前の様子


上の写真とほぼ同じアングルの現在の様子























遊郭の人々
<昭和10年撮影>

 明治時代、秋鹿家は大きな変革を余儀なくされた。それまでは幕府から禄高を与えられ、収入の心配はなかったが廃藩置県等による情勢の変化に伴い、現金収入を得るために遊郭等に土地を貸した。そのひとつが遊郭・三浦楼である。

*秋鹿家は敷地の一部を遊郭、料亭、芝居小屋、医院、借家等に貸し、生計を立てた。



三浦楼主人夫婦と女郎衆と女中さん




@ 花扇
      
A 歌 丸 と 小 舟



 B 
 
綾 衣
  




C 〆 青


中泉遊郭(俗称・公園と呼ばれていた。)は明治中頃から昭和33年まで営業されていました。
(売春防止法制定により廃止)

*上記写真の子供さんは主人の息子さん@と娘さんABです。



 磐田駅前商店街 久保村絵図  遠江国分寺
 旧見附学校  桶ヶ谷沼  八 幡 宮
 中泉御殿と
    中泉代官所
 磐田駅今昔  

トップ・ページへ戻る
記念誌