町 名 組織名
くぼちょう
@久保町
ぎょっこうしゃ
玉匣社
にし まち
A西 町
らんりゅうかく
鑾留閣
ひがしまち
B東 町
ひがしぐみ
東 組
ひちけんちょう
C七軒町
とうりゅうしゃ
騰龍社
なか まち
D中 町
めいかくけん
鳴鶴軒
にししんまち
E西新町
し  ぐみ
志 組
さかのうえちょう
F坂上町
しんせいしゃ
心誠社
いしはらちょう
G石原町
せっけいしゃ
石溪社
  まち
H田 町
せいゆうしゃ
盛友社
さかえちょう
I栄 町
しんえいしゃ
新栄社
ちゅうおうちょう
J中央町
みや もと
宮 本
ご てん
K御 殿
ご てん
御 殿
さくらがおか
L桜ヶ丘
えんおうしゃ
鴛鶯社
いずみちょう
M泉 町
せんゆうしゃ
泉湧社
あさひがおか
N旭ヶ丘
きょくしょうしゃ
旭祥社
おおいずみちょう
O大泉町
おおいずみ
大 泉
ほん まち
本 町
ほん まち
本 町
きょうみつか
京見塚
こうえいしゃ
高栄社
にのみやきた
二之宮北
ほくようしゃ
にのみやみなみ
二之宮南
み ぐみ
み 組

【前夜祭】

各町毎に違いはあるものの、玉匣社の場合は昼過ぎには会所開きを行い、その後、山車と共に宮まで行き、祭典の安全を願ってお祓いを受け、御幣をいただき、山車の上に奉ってから、町内を中心に曳き廻しを行います。
(宮司さんに町内に出向いていただいて、お祓いを受ける町もある。)

*年番、若年番においては、参加全町に表敬訪問するため、朝早くから会所開きを行う。

【初 日】 【二日目】

当日は、朝9時〜10時頃から町内廻り、他町訪問を行い、午後3時半頃には団体行動を行う為、集合場所に集まる。(コースは毎年変わる)
*午後4時頃から午後8時半まで団体行動を行う。

*団体行動については、毎年9月1日に「八朔集会」(昔は、その年の祭の支度を始める日として旧暦8月1日に初集会を行った。明治時代には、旧暦8月13、14、15日が祭典日であった。)を行い、その日が祭の始まりとされる。

この日を祭の始まりとし、各町外交2名(年番3名)が年番町主催の外交集会を行う。祭の安全実施に必要不可欠な「各町申し合わせ事項」を確認する。以後数回にわたり「臨時外交集会」を行い、その年の曳き廻しコースを決める。

*曳き廻しコースは、各町(16ヶ町)外交2名(年番町3名)が年番町公民館に集まり、話し合って決める。(世話係が当日の山車曳き廻しに関する実務を請け負い、それに伴うコースを決める権限を有する。)

先人が若い世話係の実習、体験の場と考え、山車曳き廻しに関する全てのことは、世話係が外交集会の場で話合い、決定することを許されている。いろいろな廻り方を工夫して、毎年新たなコースを決め、曳き廻される。

本来は、参加町全ての総意により、16台コースを実施することが望ましいがそれぞれの思惑が交錯し、なかなか実現することができない。

最近の傾向は、西地区6台、東地区10台で曳き廻されることが多い。(平成11年・年番・玉匣社の年に初めて二日目・16台コースが実現しましたが、その時以外ありません。)



全 国 地 図



トップ・ページへ戻る
八幡宮