せい  ゆう  しゃ
 
(田 町)









大正2年に建造された盛友社山車、この年は、まだ彫刻も刺繍入り天幕も付いていない。
(以後、数年掛けて彫刻を入れ、
     大正12年に天幕を付けて完成させた。)





田町花屋台/開莚楼前にて撮影(昭和37年頃)



 昭和10年  昭和24年
 昭和27年  昭和37年








山車仕様

山車の形式
 
 
四輪、
 大唐破風一層屋根白木造り
 (木曽檜)

 


山車の幕

  
横幕「虎」(京都・大正12年)

  
見送り幕「龍」
   

山車の人形

 
 なし

山車の彫刻

 
加藤清正、唐獅子、四君子、
 倭健命熊襲征伐、布袋、
 神功皇后と武内宿禰、
 曾我兄弟、龍

 

作者・棟梁・年代
   
   棟梁・大菊(通称)田町
  彫刻・渡辺重晴

  
  
1913(大正2年)

山車の寸法

  
幅   2500
  高   4800
  奥行  4500


一 覧 表