し   ぐ み
 
(西新町)








遠州中泉 府八幡宮/奉納舞・志組


 大正10年 旧二輪山車
むかしの山車








彫師/彫松作品

上記彫刻拡大写真

名古屋 彫松刻」の拡大部分




山車仕様

山車の形式
 
 
四輪、
 大唐破風前一層部分屋根高欄
 後唐破風屋根、白木造り
 


山車の幕

 
横幕 「浦島太郎」
     「竜宮城」
 
見送り幕 「志に波」

山車の人形

 
あり (毎年変更)

山車の彫刻

 
司馬温公、俵藤太、唐獅子、
 鍾馗様と鬼、尽くしの横欄干
 須佐之男命、鶉ほか鳥、
 牛若丸

 
 
彫師/彫松(伊藤松次郎)
 

作者・棟梁・年代

 
 棟梁・坂田歌吉
     
(竜洋町掛塚中町)
  
  彫刻・伊藤松次郎


 
 1922(大正10年)

山車の寸法


 
幅   2200
 高   4000
 奥行  3900



一 覧 表