事業の沿革 事業の場所 紅茶栽培・製造 紅茶あれこれ 事業の理念 商品案内

ごあいさつ(2022年8月更新:夏紅茶のご案内)

 この景色は、当園「紅茶どめーぬ・大白木・増井(ドゥトノム)」の周辺の山々が霧に包まれた時の様子を撮影したものです。 当園周辺の山々は、雨が多い季節になると度々このような姿を見せ、幻想的な世界へと変化します。 この山々に囲まれた当園には品種がわかっているものでも7品種、在来種や品種不明のものまで含めますとその倍以上の品種の茶樹が植えられていると思います。 手摘みをしていると品種によって微妙に異なる茶葉の色や形、大きさ、生長具合などを観察することができます。 茶葉は品種によって生長の早さが少しずつ異なるため、当園では品種を基準として茶葉の様子を観察しながらすべて手摘みで摘採を行います。 また、化学肥料等による生長促進も行わないため、茶葉の生長はゆっくりで茶芽の生長差も現れやすく丁寧な摘採が求められます。 したがって、1日の摘採量も少なく、紅茶製造工程も少量の茶葉でじっくりと行われるため、製茶機にも少し改造が施されています。 手摘みされた生茶葉は、紅茶にすると重量が1/5ほどになるため、1回の摘採から製造できる紅茶の重量もわずかになりますが、 それぞれをテイスティングしてブレンディングすることにより深い味わいの紅茶ができます。
 前回ご案内の春芽から製造された「春の紅茶」に続き、今回は夏芽から製造された「夏の紅茶」できましたのでご案内させて頂きます。 「春の紅茶」とはまた違った味わいに仕上がっておりますので是非お試し下さい。

「紅茶どめーぬ・大白木・増井(ドゥトノム)」
 代表:増井則夫(博士:農学)

コンテンツ

  1. 事業の沿革:「紅茶どめーぬ・大白木・増井」はどのようにして生まれたの?

  2. ・紅茶のイギリス、香りのフランス、そして繋がる人と文化
    ・ワインで有名なフランスのブルゴーニュ地方
  3. 事業の場所:ドゥトノムのある「大白木」ってどんなところ?

  4. ・耕作放棄された茶畑
    ・ちょっと珍しいところ
    ・紅茶づくりだけのために
  5. 紅茶の栽培・製造:ドゥトノムの紅茶はどのようにしてつくられているの?

  6. ・紅茶の原料になる植物は日本茶と同じ
    ・自然な紅茶のための茶栽培
    ・生茶葉から紅茶ができるまで
  7. 紅茶あれこれ:紅茶についてのあれこれ雑学

  8. ・紅茶を保存する時の注意
    ・紅茶の淹(い)れ方についての考え方
    ・生茶葉に含まれている成分(カテキン、カフェイン)
    ・飲料中の各成分の含有量
    ・紅茶のテイスティングとブレンディング
    ・台湾銘茶「東方美人」について
    ・夏にアイスミルクティーのすすめ
    ・新しいドゥトノムの「てぃーばっぐ」紅茶
    ・紅茶についての参考サイトあれこれ
  9. 事業の理念:ドゥトノムはどんな紅茶をめざしているの?

  10. ・紅茶で感じる季節や自然の変化
    ・サステナブル農業
  11. 商品案内:ドゥトノム紅茶のご案内と注文方法

  12. ・商品のご案内
    1.「季節の山紅茶 手摘み春茶葉」ふるりーふ(紅茶ヴぃんてーじ:2022 春)
    2.「季節の山紅茶 手摘み夏茶葉」ふるりーふ(紅茶ヴぃんてーじ:2022 夏)

    ・商品の注文方法

ページトップ