中近笠鉾


秩父の夜祭り

朝7:40に家を出発し、磐田IC〜富士IC〜精進湖(10:00)R358〜甲府南〜R20〜石和温泉〜R140〜昼食(道の駅・みとみ)(12:20)〜雁坂峠<雁坂トンネル6.8Km>有料〜大滝村〜秩父市着(1:15)・・・徒歩・・・秩父神社(1:30)

 交通規制区間の北の端・上宮地町交差点(R299)から秩父神社に向かう途中に、秩父神社宮参り&市内引き回しを終えて自町に帰ろうとしていた絢爛豪華な笠鉾「中近笠鉾」に出会い、最初にビックリ、そして囃子方8名(大太鼓1、小太鼓3、笛1、鉦1)はなんと床台の下、腰幕の中に入っていて姿は見えません。実に勇壮なお囃子です。

 そこにいた役員の方にいろいろな事をお聞きしながら、秩父駅前交差点まで一緒にお供をし、そこで「玉入れ」のお囃子に乗って、楫方衆による「方向転換」が行われる様子を見て、またビックリ、初めて見る光景に目を見張り、じっくりと見てきました。

 山車の組み立ては、大工の棟梁の指導の基、2日掛かりで行うそうです。その時使う麻紐はみんなでまる1日掛かって綯う(なう)そうです。当然の事ながら、釘は一本も使っていない。

 自町に帰る中近笠鉾を見送りながら次に向かったのが秩父神社(境内には2日に奉納された神馬が繋がれて、御神輿が安置されていました)、参拝を済ませて境内で行われていた屋台歌舞伎を見学、今年の当番は、本町なので本町屋台張り出し芸座(げざ)をつけて歌舞伎舞台に変身させた上で演じられていました。
 昔は各町が競って演じたそうですが、今では当番制になっています。
 その他に「下郷笠鉾」が据え置いてありました。

 その後、御旅所に向かう途中、「中町屋台」にも出会いました。



    
           お旅所名物、「お化け屋敷」
    懐かしいお祭風景、呼び込みのお姉さんの声も嗄れていました


 御旅所の下見を終えて、いったん寿旅館(小鹿野町)に食事に行き、再度戻っての見学です。夜は笠鉾、屋台の提灯に火が入り、いっそう豪華さが増します。

 御旅所周辺の見所を探し、いろいろな場所から見学しましたが、秩父夜祭りの最高の見せ場は、なんといってもダンゴ坂の登りでしょう。山車が一台一台、坂を上るときには、勇壮なお囃子に加え花火が一緒に花を添えて盛り上げていました。

 花火も全国レベルの規模ですので、花火目当ての人も多いそうです。
 



        


        秩父神社例大祭神事


前儀


12月 1日 午前10時   御本殿清浄之儀
        午後 2時   例大祭奉行祈願祭

12月 2日 午前 9時   御神馬奉納之儀
        午前10時   新穀奉献祭
           午後   屋台奉曳
           夜     花火打ち上げ(Pm7:00〜8:00)


本儀

12月 3日 午前 9時頃   各笠鉾屋台奉曳開始
                  屋台町は順次曳き踊りを奉納
                  しつつ、宮参り

        午前10時    献幣使参向例大祭祭典

        正午頃      屋台芝居(午後3時頃まで)

        午後 7時    中近笠鉾を先頭に下郷笠鉾、
                  宮地屋台、上町屋台、
                  中町屋台、本町屋台は順次、
                  お旅所へ供奉

        午後 8時頃   笠鉾・屋台、団子坂曳き上げ
                  仕掛け花火打ち上げ    
                  (仕掛け花火・スターマイン・尺玉連発)
                  (Pm8:30〜10:30)
                  御神輿進発

        午後10時頃  斎場祭(お旅所)

        終えて      笠鉾・屋台帰還

        次いで      御神輿帰還

        次いで      還幸祭(秩父神社)


後儀
     
12月 6日 午前10時    新穀奉献感謝祭
                  併せて例大祭奉行完遂奉克祭 

12月 3/ 6日        秩父神社神楽奉奏
                 
(秩父神社神楽殿) 



あなたの好きな お祭り、自慢の お祭り、感動した お祭り、面白い お祭り、お祭りに関することなら何でも結構です。 
全国のお祭りをご紹介下さい。

あなたのお祭り写真を載せてみませんか?

写真を送っていただければ、このページはあなたのものです。
メッセージ
を添えて、下記までお送り下さい。


 




トップ・ページへ戻る
投稿写真