静岡県富士市議会議員 小沢映子ホームページ  
富士市議会議員小沢映子トップページ
富士市議会議員小沢映子バイオグラフィー
富士市議会議員小沢映子後援会だより
小沢映子への応援メッセージ
小沢映子ブログ「私が伝えていきたいこと」
インクルふじ&でらーと
インクルふじとは
・「インクルふじ」とは、
富士市、富士宮市の障害児(主に重症心身障害児)の親たちで作った社会福祉法人です。
・「でらーと」とは、インクルふじが建設し、インクルふじが運営する重症心身障害児・者の通所施設です

重症心身障害児・者の通所施設「でらーと」のホームページへ
リンク集 ドキュメンタリー映画「普通に生きる」公式ホームページ ドキュメンタリー映画「普通に生きる」ダイジェスト版
愛する富士市を、愛せる富士市に。富士市議会議員小沢映子
お知らせと更新情報


小沢映子よりあいさつ

福祉の視点で、富士市を見直す

 小沢映子のホームページに、ようこそお越しくださいました。
私は1986年まではふつうの主婦であり、1人の教員でした。しかしその年の5月に長女を出産した際、陣痛促進剤の事故により、わが子が重度の脳性麻痺になってしまいました。現在でも自分で体を動かすことができません。娘の介護、リハビリのため1年後には退職。でも当時の富士市には、娘に十分な介護やリハビリを施せる施設がなく、困ったときに安心して託せるサービスも支援もなく、わが子のことを思うと死んでも死に切れない状況でした。でも泣いてばかりはいられません。自らが動いて状況を変えていくしかありませんでした。そのひとつの結論が社会福祉法人「インクルふじ」の設立であり、知的障害者通所更正施設「でらーと」の建設でした。多くの人たちに支えられ、夢がひとつ実現しました。次の私の夢は市議会議員として、この富士市を「福祉充実度、静岡県下No.1」にすることです。老いても、障害を持っていても、本人はもちろんその家族も・・・誰もが自分らしくいきいきと暮らせる富士市をめざして、小沢映子は頑張ります。

「愛する富士市を、愛せる富士市に。」
これからも全力で取り組んでいきます。応援よろしくお願いします。

2006年9月 富士市議会議員 小沢映子



<空>Copyright (c) 2003-2011 小沢映子
このホームページの情報の全部または一部を無断で複製・転載することはお断りいたします。リンクはご自由にお張りください。