風景画ギャラリー/池田康晴作品集    Landscape Paintings Gallery / Yasuharu Ikeda Works    

                                   Home  Notes  Infomation Profile  Link    

  作品集  Collection of Works
 
 
イタリアの風景(Landscape of Italy)  

イタリア Italy     



チンクエテッレ(イタリア・マナローラ) F3号 水彩

Cinqueterre(Manarola Italy)
 
    

  
 
イタリアに行くなら"チンクエテッレ"は欠かせないと以前から思っていましたが、
なかなか適当なツアーが無く
行きそびれていました。

だから今回のツアーで一番の目玉はどうしても"ここ"なんです。

憧れのマナローラのこの風景をいの一番に描きました。

今回のツアーはメンバーの日頃の心がけが良かったのでしょう(?)晴天に恵まれ、
絵になる風景に沢山出会うことができました。

       
                           2017.9.23



サンマリノ(イタリア) F4号 水彩
San Marino (Italy)
      
  
 世界で5番目に小さな国サンマリノ共和国の第一の塔(グアイタ)の塔最上階から
第二の塔(チェスター)を望む絶景です。

この塔の昇り降りには苦労しましたが、それ以上の感動の風景が待っていました。



       
                           2017.10.07






サン・ジミニャーノ(イタリア) F6号 水彩
San Gimignano( Italy)   
 
 私が絵を描き始めた頃(2003~2004年?)、一生懸命サン・ジミニャーノを描いたのを
懐かしく思い出します。
今思うとお恥ずかしい話、稚拙な絵をご丁寧に額装して、得意気に
部屋に架けたりしていました。
(さぞ、家族は迷惑だったろうと推察します。)

今回のイタリア旅行でどうしても描きたかったのが、塔上からのサン・ジミニャーノの
風景でした。
この目で見て体感して描いた絵は感慨深いものがあります。

昔描いた絵は、処分してしまったと思われますが、並べて比べてみれば面白かった
のにと多少後悔しています。

                         2017.11.15





サン・ジミニャーノ (Italy)  F4号 水彩
San Gimignano( Italy)   
      
 昨年の9月に訪れた時の風景です。

美味しいジェラートを味わったり、良い土産に出会えたりと楽しいひと時を
過ごしました。


                          
 2018.1.07




チヴィタ・バーニョレッジョ(イタリア) F4号 水彩
Civit di Bagnoregio (Italy)
 
    

  
思わず息を飲む絶景!
天空に浮かぶこの古城を見た時の偽らざる感想です。

チヴィタはジブリのアニメ「天空のラピュタ」の
モデルになったともいわれ、綾瀬はるかの映画
「ホタルノヒカリ」にも登場したイタリアの秘境にある断崖絶壁の上にある小さな村です。



       

                           
2017.10.26




アッシジ・聖フランチェスコ教会(イタリア) F3号 水彩
Assisi Basilica di San Francesco (Italy)   
 
 キリスト教巡礼の街アッシジは聖フランチェスコ教会の街といっても過言では
ないでしょう。

ツアーのスケジュールの関係もあり、ゆっくり街を見学したわけではありませんので
他にもあるのでしょうが、絵になるアッシジの風景といわれたらこの風景が一番かと
私個人的には思います。



                         2017.10.07




バローロ (イタリア) F2号 水彩
Barolo (Italy)  

 バローロという村は旅行前は知りませんでしたが、ワイン通の方々には
よく知られた有名なワインの産地とのことでした。

ミラノの
ホテルを出て3時間程で到着、イタリアの北西部に位置する人口800人
ほどの小さな村。

ワインのテイスティングがあるということでワインの苦手な私はあまり期待して
いませんでしたが、なかなか美しい佇まいの素敵なところでした。
       


                           2017.10.14







ラヴェンナの街角(イタリア) F2号 水彩
Ravenna( Italy)   
 
 アドリア海に面したビザンチン文化が色濃く残され古都ラヴェンナ
はモザイク美術の宝庫でもある世界遺産の街です。

私の予想以上に上品な美しさが薫る素敵な町で印象に残りました。


                         2017.09.30




ヴェルナッツァ (イタリア) F4号 水彩
Vernazza (Italy)
  
 レバントからラ・スペッツァ行きのローカル列車に乗り
2つ目の駅、ヴェルナッツァに降り。
世界遺産チンクエテッレの中でも人気の村を見学する。

観光客で賑わう中心街を抜け、まずこの村の最大のビュースポット
ヴェルナッツァを見下ろす高台を目指しました。

苦労して上った先には、描きたかった期待通りの美しい風景が
待っていました。


感激の瞬間です。

                         
2017.11.11






ヴェネチア イタリア  F4号 水彩
Venezia(Italy)

 
両岸に豪奢な貴族の邸宅が立ち並ぶカナル・グランデ(大運河)
には、一日中ゴンドラやヴァポレット(水上バス)が忙しく行き交い、
華やかな表の顔のヴェネチアがあります。
ヴェネチアの本当の魅力は、迷路のような狭い路地や、小さな橋を
渡った先にふと出くわす、光あふれる小さな広場や、青い水を湛えた
小運河にあるように思います。

 左の絵は、そんな一シーンを切り取った一枚です。




2008.12.28





ヴェネチア イタリア  F4号 水彩
Venezia(Italy)









                       
2010.05.01



ヴェネチア イタリア  F4号 水彩
Venezia  Italy 


 
サン・マルコ寺院近くのスキアヴォーニ河岸の船着き場の風景です。
ヴェネチア名物のゴンドラ遊覧は残念ながら経験していません。
次の機会にはゆっくり滞在してゴンドラにも乗ってみたいものです。
                
 
                        2011.04.06



ヴェネチア イタリア  F3号 水彩
Venezia  Italy 
  
 
ヨーロッパ旅行の横綱格のイタリアとは意外と縁が薄く、ミラノとヴェネツィアに少し立ち寄った
程度でした。

毎度行き先候補には必ず上がるのに、今まで選ばれずにきました。

このままでは私の「風景画ギャラリー」支障?がありますので、今年はイタリアに行こうと思っています。

どんな風景画待っているか楽しみです。

ご期待下さい。

       
                           2017.9.02
                        

                                   このページのトップへ ↑