風景画ギャラリー/池田康晴作品集    Landscape Paintings Gallery / Yasuharu Ikeda Works    

                                Home  Notes  Infomation Profile  Link   

Notes(雑記帳)

             思いつくままのフリーノートです。お気軽にご覧ください。                                                                                        

 2019.9.16 452.個展ご案内状 
 
 



 11/4から開催予定の第9回個展の案内状の準備ができました。

開催会場の店頭への配備は9月下旬から、いつもご来場くださっている方など
への発送は10月10日前後からになります。



1年8ケ月ぶりの個展です。
冗談抜きに、次はいつ開催できるか分かりませんので(笑!)
この機会に 是非!  会場にお越し頂き、原画をご覧頂ければと思います。


2019.9.8  451.竹内まりや    


 竹内まりや の紙ジャケ付きニューアルバム「Turntable」を発売日にGet!

はるか昔、デビューアルバムのレコードを買ってからの大のファンで、今 ご機嫌です。

BS NHK 放送の「竹内まりや Music & Life」完全版も昨日ビデオ収録。

ちなみに、彼女の最高のアルバムは シンガーソングライターとしての才能を開花させた
「VARIETY」かな(個人的感想ですが・・・)

今回のアルバムも素晴らしいと思います。



2019.8.31  450.タルトフランペ 
アルザスの郷土料理「タルトフランペ」


オー・ポン・サンマルタンの店内
 

窓辺の席からの風景
 

 H.P.の表紙の絵の説明文にある「タルトフランペ」のご紹介です。

フランスのアルザス地方の郷土料理でパイ生地のようなものににタマネギ、ベーコン、チーズを
トッピングして焼き上げたもので、写真はラージサイズですが薄くパリッとしていて
とても美味く、ペロッとたいらげました。
(ビールには相性最高!  この時はエスプレッソでしたが・・・・。)



ストラスブールの観光名所「プチット・フランス」の運河沿いにあるカフェレストラン
「オー・ポン・サンマルタン」で味わいました。

どうしてもこの名物料理を食べたくて探していたのですが、なかなか適当な店が見つからず
あきらめて散策していた昼下がり、この店の前を通りかかると店の前のテラス席で
白人カップルがビール片手に食べているのを見かけ、すぐこの店に入りました。

普段は混み合う人気店ですが、昼食時を外れている頃合いでしたので店の中はガラガラ
貸し切り状態で運河沿いの窓辺の特等席(?) に座ることができました。


絵や写真の通り店は雰囲気最高、タルトフランペも予想以上に美味で忘れられない
ひと時を過ごすことができました。
2019.8.23  449.高田 郁     
 
高田 郁の待望の新作を入手、2日で読み切りました。
半年に1冊しか出さない作家さんですので、丁寧に念入りに読んだつもりですが
面白いので一気に読み終えました。

又半年後を楽しみに・・・・。
 2019.8.19 448.悠々自適 ?   
ヒコーキの絵 B-25
 
 暑い暑いとエオコンのきいた部屋に閉じこもりがちの毎日、早いものでお盆も過ぎ
まもなく秋風の9月・・・・。
大きなイベントも無く、平穏に日々が過ぎて行きます。


ストレスも無く好き勝手なことをして過ごす毎日、こういうのを"悠々自適"というのかも
しれませんが、不思議と"暇を持て余す"ということはなく、あっという間に一日が過ぎて
行きます。

その合間に少しだけ絵を描いています。
ヒコーキの絵だったり、趣味のアンテイークウォッチや万年筆を描いたり、描きたいもの
を描きたいときにだけ描くようにしています。
 2019.7.3 447.スローライフ 
思い出の風景作品 
 
 梅雨に入り鬱陶しい毎日が続き、晴れ渡った日に比べると格段にモチヴェーション
の落ちる私ですが、それなりに毎日を楽しんでいます。

スローライフというフレーズがありますが、私のような生活をいうのでしょうか・・・?

絵を描く時間はかなり減り、まったく絵筆を握らない日も増えましたが、秋の個展に向け
少し頑張らねばとは思っています。

リタイア以来続けてきた欧州取材旅行を回想し、心に残る思い出の美しい風景を今一度
作品にと思い描き始めました。
2019.6.1  446.個展 やることに
Corner of the room
 

 梅雨に入る前の日本で一番すごしやいと(思っている)季節をスローライフしています。
"これっ! "という特別なことはしていないのですが、何気なく一日が過ぎていきます。

相変わらず絵はあまり描けていないのですが、何とか個展をするくらいの作品は
準備できそうなので秋の個展は予定通り開催することになりました。

詳細は後日ご案内しますが、11/4(月)~11/10(日)に藤枝市のアートカゲヤマ画廊
で開催予定です。
「ヨーロッパ 旅の風景」をテーマに30作品ほど展示します。
その次はまったく不明ですので、是非この機会にご覧頂ければと思っています。

2019.5.18.  445.萩・津和野へ
 
津和野 安野光雅美術館



私の 安野光雅氏風景画本コレクション
 



 5/13から5/17まで静岡空港からの北九州空港便の開通記念の
格安運賃を利用して、萩・津和野に行ってきました。

萩は以前から興味があった幕末-維新の歴史が詰まったところ、
津和野は私が敬愛する画家 安野光雅 氏の故郷で 安野光雅美術館が
あるところ。

以前から行きたかった所の一つでしたが、静岡からも遠くアクセスの
悪い地域の為しばらく縁がありませんでした。
静岡に本拠を置くFDA(富士ドリームエアランイズ)が北九州空港便開通記念
セールとして45%割引のチケットを発売していたので、今しかないと思い
行ってきました。

私の画風とは異なりますが、私が絵を始めたころから安野画伯のヨーロッパの
風景画に魅せられ、画集を集めるようになり今では写真の通りのコレクションになりました。


津和野の安野光雅美術館は期待通りの素晴らしい美術館で楽しいひと時を過ごせました。

念願が叶い満足です!
 2019.5.7 444.取材旅行中止! 
 
 
 今年のヨーロッパ取材旅行は断念!

旅のノートまで作り準備万端、出かけるだけでしたが諸事情により
中止しました。

ここ10年毎年続けてきた絵の取材旅行でしたが、残念ですね!

(秋に開催予定していた個展も延期せざるを得なくなりました。)

それでもこれまで培ってきた取材旅行の蓄積がありますので、めげずに
前へ進もうと思っています。

これまでの個展は前もって開催日を決めそれに向かって作品を作ってきましたが
このところ遅作気味になってきましたので、発表する作品が揃ってから個展の開催日
を決めようと思っています。

1年~1年半のペースが2~3年に一度のペースになるなると思います。

まだまだ頑張りますので応援よろしくお願いします。
 2019.2.18 443.至福のひと時     

 待望の「高田 郁」の新刊を書店で見つけ、ジャズを流しながら嬉々として読んでいます。

歴史小説、時代小説は好んで読んでいますが、この作家さんの本は大好きでほとんど読んでいます。
ストーリーの面白さだけでなく、文章が丁寧で優しく、心が " ほんのり " します。


半年に1冊出版のゆっくりペースですので、続きが待ち遠しくていつも出るのを楽しみに
待ち構えているくらいのファンです。


今日は他のことは何もしない「読書の日」にします。
 2019.1.26 442.パリ・スケッチ     
 早いもので2019年の最初の月も残りわずかの日数となり、無為のうちに歳月が過ぎる
寂しを感じる今日この頃です。

絵を描くペースものんびりモード、お休みの日も多くなりホームページの更新もままなり
ません。

今回の写真は通常(F4,F6号サイズ)の大きさのもの以外に、気の向いたときに描いている
モレスキンのスケッチブック(F0号 12x14cm)のパリスケッチです。
小さな絵ですが、すでに14作品になり、気に入った絵も増えてきました。
このまま続ければそれなりの作品集になるかと思っています。

2019.1.01  441.賀春     
あけましておめでとうございます。 

2019年の年賀状はいつものパターンながら3種を用意し送り先に応じて
使用しました。
いずれも2018年の旅行先で心に残った美しい風景を描いた自作の絵を挿絵と
したものです。
(4月初旬の函館、10月のイギリス・コッツウォルズ、11月初旬の天草)


最近の正月はあまりうれしいものではありません。
正月や冥土への旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし
の句の如く、年を重ねることへの複雑な気持ちの歳ごろですので・・・・。

先のことは分かりませんが、前向きに今を楽しく生きることが大切だと思っています。

本年も美しい風景に出会え、楽しく絵が描けたらと願っています。

今年も「風景画ギャラリー」をよろしくお願いします。

 2018.12.15
440.私の日常     
 私は旅行の時以外はあまり外出をせず家にいることが多い。
元来社交的ではないので、家でゆったりと好きなことをして過ごすのが性に合っている
ようです。

パソコンを開いたり、テレビを見たりは日常ですが、一番落ち着くのは
JAZZなどの静かな心地よい良い音楽をBGMに絵を描いたり、好きな本読んだり
しているときです。

今年もあとわずかを残すばかりになりました。

来年はどんな年になりますか・・・。

皆さん良いお年をお迎えください。

 2018.11.21 439.来年の旅行計画   

フランスの美しい村(イメージ)
 



 今年のイギリス旅行は散々でしたので、一時は海外旅行へのモチヴェーション
は急降下していましたが、「のど元過ぎれば・・・・・」の例えのように
近頃は来年の旅行の行き先選定に入っています。

まだ行ってない国や地域は沢山ありますが、一番絵になる風景に出会える
と私が個人的に思っている国「フランス」をもう少し重点的に攻めてみようと
思っています。

パリ、南フランス、北フランス、アルザスは経験済みなので次は南西フランスが
今一番の候補です。


山の景色の好きな私にとってはチロルとかドロミーテなどのアルプス周辺に行って
みたい気持ちが強いのですが、これからは絵の取材優先でフランスを周ってみたいと
思っています。
2018.11.13   438.天草へ
富士山静岡空港から福岡へ

天草エアラインズにて福岡から天草へ

世界遺産に登録された天草崎津教会
 
天草のホテルからの長崎方面の眺望
 




 10月の末から11月にかけて天草へ3泊4日で行ってきました。
先日のイギリス旅行と違い天候に恵まれ気持ちの良い旅になりました。

静岡空港からFDAにて福岡空港へフライト
(静岡空港を初めて利用)

福岡で一泊、翌日の朝の便で福岡空港から天草エアラインズで
天草へ(プロペラの小型機が旅情を駆り立てる・・・)

天草には姪が嫁いでいて、御馳走になったり案内してもらったり
いろいろお世話になり、姪の子供たちも可愛らしくて楽しく過ごせました。


天草は静岡からは遠く離れていて馴染みが薄かったけど、行ってみて実感!
自然が豊かで美しく食べ物も美味しく素敵なところだと思いました。

丁度開催中の陶器市をのぞいたり、世界遺産の崎津教会や三角西港を観光したり
好天の中、旅を満喫しました。




 [連絡事項}
インフォメーションにてお知らせしていますが
 *迷惑メール対策の為、メールアドレスを変更しました。
 (Mail の設定は変更してあります。)
2018.10.18  437.イギリス旅行 
ジョン・レノン像(リヴァプール)
 
イギリス土産
 

 イギリス旅行から10/16に帰ってきました。

私の今までのツアー経験からもあまりないくらい天候に恵まれず
雨嫌いの私にとってモチヴェーションは下がりっぱなし・・・・。
ツアーバス(古くてシートが狭くて固い)の問題とか、添乗員も最悪でしたし
食事がまずいなど、大概は寛容な私にも不愉快なことが沢山ありました。

一番の問題は、絵になる風景は天候次第でそうでなくなるので、果たして
何枚絵に残せるか心配です。
(美しい風景も曇天や雨天の暗い光の中では映えない)

残念なことの多い旅行でしたが、それなりに収穫も少しはありましたので
気を取り直して良い作品を描きたいと思っています。


The Beatlesの聖地リヴァプールは感激でした。
(写真のジョン・レノンとツーショットも撮りました。)

近所、親戚、友人、知人へのお土産は買わない主義ですので、いつもお土産に
旅行の貴重な時間を割かれることはありません。
それでも気に入ったものに出会えば、家とか自分に買うことにしています。
特に地元の風景を描いたスケッチ画集のようなものは本屋などで探し自分土産
にします。


 2018.9.07 436.来年の手帳     
 今年は早々と2019年度のダイアリーが決まりました。

ここ3年はモレスキンのダイアリーと小さな手帳(持ち歩き用)と2冊併用
していましたが、来年からは
エルメスの手帳カバーが手に入りましたので
、日記と予定を1冊で運用することにしました。

(いつもは、似たようなものを何冊も買い無駄にしています。)

但しエルメスの手帳リファイルは値段がモレスキンの2冊分程して(モレスキンも
海外製で高いが・・・)ちょっと手が出ないので、丁度サイズぴったりの日本製
手帳で代用することにしました。(エヌ・プランニングのNow on Days)
エルメスのより値段もお手頃でずっと使い易いので、これからこれにすることに
しました。

エルメスの手帳カバー気に入ってますので、大事に長く使いたいと思っています。


2018.8.24  435.人生は冒険!   

イギリス・コッツウォルズ
 


 今年は何故か海外旅行へのモチヴェーションが低く、海外はお休みすることに
して、北海道などの国内旅行でお茶を濁していたのですが、イタリア・ジェノバ
の高架橋の崩落事故の件で去年のイタリア旅行の旅仲間とメールのやり取りをして
いる間に、自然にエネルギーをもらい俄然行く気になってきました。

皆さんそれぞれ頑張って旅を続けているのが、何故かうらやましく、こんなところで
へこたれていられるか・・・てな気持ちになりました。
バカですけど、座右の銘
「Life is an Adventure復活です。


今のところ私のギャラリーにコーナーのない「イギリス」へ行く予定です。
以前からイギリスのコッツウォルズの風景に憧れていていましたので・・・。

暑さで無気力な毎日でしたけど、目標が出来てエネルギー満タンの状態になり
"旅のノート"作りなど旅の準備に楽しく過ごしています。


2018.8.16  434.ジェノバ   
ジェノバ(イタリア)の高架橋
 
 ジェノバ(イタリア)の高速道路の高架橋の崩落事故をTVニュースで見て
ビックリ!  昨年の旅行で行ってました。
その時撮った写真を探すと、確かに映っていました。
この橋を渡ったかどうかはハッキリしませんが、この光景は鮮明に記憶しています。
恐ろしい話ですね!

昨日はその時の旅仲間からこの件でメールをもらったり、こちらから
「知ってる?」てな感じでメールしたり、もう1年近く経つのに少しの繋がりが
残っているのが貴重でうれしくなりました。
人との出会いの不思議を感じています。

2018.07.30  433.夏の北海道 
美瑛・青い池(北海道9
 
ファーム富田(北海道・富良野)
 
 暑い日が続きますが、皆さま如何お過ごしですか?

夏が好きだった私も、加齢のせいも多分にあるかと思いますが
今年の夏は絵も描けず(この傾向はこのところずっと続いているのですが・・・)
ただ毎日ごろごろ無為に過ごしています。
(本を読んだり、テレビを見たり・・・)

とは言いながら・・・・、先日猛暑の本州を逃れ少し涼しい北海道へ行ってきました。

以前より行きたかった富良野、美瑛などへ


それまでは北海道もしばらく雨続きでしたが、都合よくお天気も良くなり
念願の北海道の自然に触れてきました。

2018.07.08  432.東京散歩-3 

銀座三越デパートの屋上庭園
 
レストラン「オーバカナル」

 
 



 東京三日目
今日は某ツーリスト主催の「銀座路地裏あるき」というツアーに参加

10時に銀座松屋前に集合して専門の地元ガイドの案内で銀座一丁目の京橋から
スタート。

昼食をはさみ14時30分まで今まで踏み入れたことの無い銀座の路地裏を
詳しい説明付きで案内してもらいました。

よかった!
少し銀座通になったような気分です・・・。

ツアーは昼食付きでしたが、ここも初めての店でフランスのパリにいるような
素敵なフレンチレストランでした。

 
たまにはこういうツアーに参加しての東京も良いものですね!
2018.06.24  431.東京散歩-2 

トラベラーズファクトリー中目黒店
 
増上寺と東京タワー

増上寺と熊野神社(自由が丘)の御朱印
 


 東京二日目
自由が丘散策の後、中目黒で途中下車"トラベラーズノート"の歴史の
スタート地点、中目黒の"トラベラーズファクトリー"に立ち寄る。

裏通りの片隅にひっそりと立つ小さな店ですが・・・・。
ここは世界的にフアンの多いトラベラーズノートの生まれた"聖地"のようなところ
東京駅や成田空港のショップは行ったことがあるが、ここは初めて・・・。

平日の昼下がりでしたが、外国人が数名いました。
 さすが・・・!

渋谷経由の銀座への帰り道、浜松町で下車。
増上寺と東京タワーを見て行くことに・・・。
増上寺は初めての訪問、東京タワーとは意外と縁が無く
何十年振りかと思います。

今回は忘れずに「御朱印帳」を持って行ったので、自由が丘の
熊野神社と増上寺の御朱印を頂きました。

梅雨入りも間近ということですが、お天気も良く今日も楽しく
過ごせそうです。

夜は銀座のちょっとお洒落な居酒屋で美味しいものを食べたいと思っています。

 2015.06.11
 430.東京散歩-1
日比谷ミッドタウン


自由が丘 SLOW  
 



 6月の初め、東京に少し刺激を求めて二泊三日の小旅行してきました。

初日は有楽町の東京国際フォーラムで開催の「大江戸骨董市」を見て回りました。
最近は西洋アンティークの店が増え全体の出店数も多くなったように思います。
興味深いものが一杯あり、目を楽しませてくれますが、なかなか買うまでには
至りません。(パリの蚤の市を思い出します。)

ランチの後は最近オープンした「日比谷ミッドタウン」へ、
日比谷は私の最初の勤務地があったところで思い出深いところでもあります。
東京には各所にこのようなところがあり、いつも人であふれています。
いつもながら東京の底知れないパワーに驚かされます。

今回のホテルは銀座六丁目、新橋駅に近く銀座周辺をうろうろするには
うってつけで、便の良さでえらびました。

二日目は東横線沿線の自由が丘を散策しました。
この街を訪れるのは初めてではありませんが、今回はじっくり時間を取り
見て回りました。
もともとベットタウンですので、都心のような華やかさはありませんが
落ち着いたおしゃれな街で、気持ちよく散策できました。

自由が丘で見つけた手作り革製品のSLOWというショップで今回唯一の
自分土産の素敵な革のトレイを手に入れました。(写真左)

2018.05.18  429.時計熱 !     
 個展が終わりひと段落して気が緩んだのか、何事も面倒になり
絵もほとんど描いていない。
別に"燃え尽き症候群"でもあるまいが、前回発表していた今年の海外取材も
キャンセルしてしまいました。
(海外の風景に新鮮味と驚きを感じなくなった・・・・・のもあるが?)
また興味が湧くまで少し間を取ることにしました。

人は老境に入ると何事も面倒になり、興味を失うと言われているが、
これが"それ"かな・・・?


15年前くらいにあった時計熱が最近再び上がっている。
写真の本の著者も書いているが、「男は元来カメラ、時計、万年筆あるいは
鉄道模型、ヒコーキなど機械ものに憧れる傾向にあり、興味を抱く。」とのことです

カメラ、万年筆熱も過去に経験していますが、もともと飽きっぽいので
時計もそのうち収束することでしょうが・・・。
今は面白く楽しんでいます。



 2018.04..27 428.今年の取材旅行    

 今年の取材旅行先が決まりました。

毎年年明けくらいから探し始め、1、2月頃には候補を絞り
予約します。

ところがこれで決まりではなく、毎年何度か変更するのが常で
旅行会社には申し訳なく思いますが、早めに予約しないと良いコースは
すぐ一杯になるのと、新しくより安く良いコースが出てくるので、
これも止むを得ないかと思っています。

(出来るだけ同じ旅行会社内での変更につとめていますが・・・)

今年も二転三転ようやく最終決定しました。

北イタリアのイタリアンアルプスとチロルのツアーです。

旅行の成否はお天気に左右されますが、良いお天気と素晴らしい風景に
出会えることを願い1枚でも多く良い作品が描ければと思っています。

2018.4.19
 
 427.函館
函館

函館ハリスト正教会
 
カトリック元町教会
 




 個展の後何か気の抜けたような状態が続き絵筆をとっていません。

丁度この時期に、オーストラリアから娘夫婦が帰省していて慌ただしい
こともありましたが・・・・

その娘夫婦(旦那は外人)と函館に3泊4日の旅をしてきました。
函館はこの時期(4/9~12)まだ冬の装い・・・。

函館の海産物も美味しく楽しみましたが、2日目に訪れた元町の
教会群は美しい風景を求めていた私にとっては収穫でした。
(2~3枚は描けそう・・・・?)


娘たちも1ケ月近くの日本滞在を終え今日帰国しました。

私も早く元のペースに戻らねば・・・と思っています。
 2018.03.26 426.新しい旅の始まり 
会場風景
 
展示作品「クライネシャイディックの夏{
 

 何とか無事盛況のうち第八回個展が終了しました。

期間中は大勢のご来場を頂きありがとうございました。

人から見れば私の個展も「たかが暇人のお遊び」くらいにしか
見られないのではないかと思いますが、
私なりの強いこだわりがあり(少し力んでいますが)人生のささやかな
ハイライトと大切に思っています。

(この辺は独りよがりかもしれませんが・・・・。)

それだけに、気にかけていつも御来場下さる方々には、あり難く
うれしく感謝の気持ちで一杯です。


作品をじっくり繰り返しご鑑賞される方が増えたように思います。
(私の勝手な観測で勘違いかもしれませんが・・)

今回の個展開催で皆様から沢山のエネルギーを頂きました。
これを励みに、新たな「旅のスケッチ」を始めます。
 2018.3.19 425.個展開催初日 

会場風景

展示作品 「セーヌ・パリ」 
 

 





いよいよ本日より1年半ぶりの個展開催となりました。

初日より順調に大勢の方のご来場があり、ほっとしています。

今回は満を持しての開催となりましたので、良い作品ぞろい
(自画自賛?) ですのでご期待ください。(笑い!)

 2018.2.25
424.PCトラブル
 

my room 
 
 いよいよ個展まで1ケ月を切り明日あたりに案内状を送付しようと思っています。

直近でパソコンのトラブルがあり止む無くWindows10から8.1の旧バージョンに
戻さざるを得ない事態になり、その過程で大事ないくつかのデータを喪失することに・・・。

その中に大事な年賀状ソフトの住所録があり呆然・・・・!
幸い個展の案内状は印刷が完了していて助かりましたがショックでした。

このホームページもデータの転送が出来なくなったりして(今は回復)この数日は
大苦労でした。


最近のパソコンの状態は最悪で、立ち上げに時間がかかりいろいろ障害が出ていて、
パソコンそのものを新しいのに交換が必要なのかと思っていましたがwindows10のソフトに
なにか不具合があったようです。

PCを初期にの状態に戻しただけで改善され、快調な動作でしばらく買い替えの必要はないようです。

 2018.1.20 423.個展に向けて 
第八回個展案内状
 
前回個展風景(2F)
 

 早いもので残り2ケ月余りで第八回個展が始まります。

まだ先だと思ってたものが間近に迫り本格的準備に入りました。

個展開催は文字通りですが、ギャラリー主催の場合と違い私の場合
個人主催ですので、自己責任でほとんど一人でこなすことになり
いつもかなりのエネルギーを必要とします。
(作品搬入、搬出の時だけ家族に手伝ってもらいます)

まず出展に必要な作品数を制作準備することは当然ですが、その中から
展示する作品を選出します。(私の場合30作品ほど・・・)
これがなかなか難しい、どれも思い入れが有り残りの何点かはいつも迷います。

展示作品が決まったら、額装して箱詰めします。
額縁も作品分揃える必要があり、私の場合これに一番費用が掛かります。
(もっとも、海外への取材旅行の費用はもっと大変ですが・・・・?)

次に案内状、ポスターを作成し案内状は会場の展示コーナーに相当部数
置いてもらう分と郵送分を合わせ500部ほど印刷します。


費用、エネルギーをわざわざ掛けて面倒なことを・・・、とおっしゃる向きも
あろうかと思いますが、好きでやっていることで「いやだ!」と思ったことは
一度もありません。
もっとも、いやになったら止めるだけですけど・・・・。

あと私、会期中ずっと会場におります。
(普通主催者が不在の展覧会が多い傾向にありますが、)

個展の楽しみは作品を大勢の方に直に鑑賞して頂くことだけでなく、この場この時でしか
お会いできない友人、知人の皆さんにお会いできることにもあります。
その貴重な機会を大切にするため、体力的には大変ですが切れ目なく会場に居るように
しています。

素敵な作品をそろえました、是非会場に足をお運びください。



2018.1.01  422.謹賀新年     

 明けましておめでとうございます。

この一年「風景画ギャラリー」をご愛顧頂き感謝申し上げます。

一時の水彩画ブームも同好の方の退場者が相次ぎ
当ホームヘージへ
来場される方も少なくなっているように思います。


少し張り合いを無くしつつありましたが、気を取り直して初心に立ち返り
美しい風景に出会った感動を無心に描き続けたいと思っております。


本年もどうぞよろしくお願いします。

                         Home  Notes  Infomation Profile  Link              このページのトップへ ↑