/耐震診断・補強計画

昭和56年5月31日以前の建築物は、旧耐震基準で建てられているため、新基準で建てられたもの
に比べ、耐震性に劣ります。発生が予想される東海地震で、阪神・淡路大震災のときの大惨事を
繰り返さず、人命・財産の
被害を最小限とするための対策の一つとして、耐震診断・補強計画
おすすめします。
尚、このプロジェクト「TOKAI-0〈東海・倒壊〉」は、静岡県が推奨しています。

注意:木造住宅以外の建物は、補助率が異なります。無料診断もないです。

耐震工事までの流れ・・・(例:木造在来軸組工法)

耐震補強工事工事監理

STEP

無料で専門家による耐震診断が受けられます。(ごく簡易なもの)
ご希望の方は、
お住まいの市窓口にてお申込みできます。
尚、当社の耐震診断士が診断するかわかりません。
とりあえずという方にオススメです。

専門家の無料耐震診断・・・

当社では、鉄骨造鉄筋コンクリート造の建物も耐震補強を行っています。
ご相談下さい。

業務エリア

注意事項

鉄骨  耐力壁

お問い合わせはこちらへ

補強計画の作成   ・・・

詳細な現地調査により建物の現状を正確に把握し、どのような補強をし、
建物をどの程度強くするかを検討する作業です。
補強計画(図面の作成)を行わないと、施工業者が工事費を出す事が出来ません。
これには、
96,000円を限度に費用の3分の2まで市より補助金を受けられます。

耐震診断・補強計画の必要な建築物とは・・・

1995年 阪神淡路大震災の被災写真

ご希望の方は、当社へご相談下さい。

耐震補強工事    ・・・

当社では、お客様と施工会社との中立的な立場として、工事監理を行います。
木造住宅の耐震補強工事に対しては、
30万円の補助金を受けられます。
高齢者のみの世帯等に対しては、20万円の割増もあります。
市町によっては、独自の上乗せ補助(5〜30万円)を実施しています。

Copyright (c) 2010-15 Kawai Architect Office

最近、補助金を利用した詐欺事件が多数発生しています。

当社では主に、浜松市や磐田市で耐震補強工事を行っています。

筋かい 耐力壁

当社では、耐震診断に関する営業は行っておりません。悪徳業者にご注意ください。
耐震診断+補強計画作成

耐震診断      ・・・

当社の耐震診断士が、現地で精密な調査を致します。
早急に、耐震補強を行いたい方は、ステップ0を省くこともできます。

業務報酬