千円当たりの回転数

パチンコでよく『回るか回らないか』の基準で、『千円で何回まわるか?』というのがあります。

実は、胴元のホール側ではこれを『スタート』とよびます。少し基準が異なります。

『スタート』 : 100発の打ち込みの間で、何回デジタルが回転するか。

釘調整は、ほとんどこの『スタート』の数字調整になります。『スタート』が高ければ残念ながら赤字になり、低ければ自分の店の利益がとれます。

ここでは、3円換金の店で、どれくらい回れば勝ちになるかを即座に計算する簡単な方法を手短にネットで説明します。

パチンコ・パチスロ攻略法 案内所          図解 店長が教えるパチンコ釘講座
最新のパチンコ・スロットの攻略法を随時更新中            パチンコの釘は、見方さえ覚えれば誰でも簡単。
いま巷に出回っている驚きの攻略法を瞬時にチェック                 見る方向と重要な釘があります。

3円交換    CRスーパー海物語    大当たり確率 1/369.5   

1万円使って、1万円取り戻すのに必要な正確なスタートを考える

求めるスタートを『S』とする

1万円での遊技時間(分)

2500/(99−3×S)

Copyright(C) 2017 無料行列のできるパチンコ相談所  All Rights Reserved.

1万円でのデジタル回転数 

2500/(99−3×S)×S

セーフ

@ 2500/(99−3×S)×(3S+1)−5100/1630×5×(3S+1)

A 2500/(99−3×S)×S/369.5×5100

@+A  2500/(99−3×S)×(3×S+1+S/369.5×5100) − 5100/1630×5×(3S+1)

3円交換なので換金金額は

(@+A)×3 

これが1万円になればいいので

2500/(99−3×S)×(3×S+1+S/369.5×5100)×3−5100/1630×5×(3S+1)×3 =10000
                                       S = 6.75

Sが6.75ということは、千円当たりの回転数を正確に求めるのは

250/(99−3×6.75)×6.75 = 21.4回



通常ベース(戻りのパーセンテージ)

大当たり時期待値

もっと詳しくは →