◎6月


夜露がたりの表紙画像

[導入部]

 おみのは善十と古びた長屋に住んでいる。 その日、戻るなり畳に仕事道具を放りだした善十の顔が驚くほど蒼ざめていた。 善十は仕事帰りに知り合いの小間物屋の若主人に呼びとめられ、あの男が帰ってきたと教えられた。 あの男とはおみのの夫だった弥吉。 弥吉は三年前、賭場で因縁をつけてきた相手に大けがを負わせ、しょっぴかれて三宅島に送られた。 弥吉がいなくなった後、おみのはずるずると善十と暮らしてきた。 (「帰ってきた」)

[採点] ☆☆☆☆

[寸評]

 30ページほどの8編の時代小説短篇集。 江戸の町に住む市井の人たちのリアルな物語で、最後の1編を除き、幕切れはどれも辛く、重く、苦い。 作者の新しい境地を見た思い。 博打をやめられない父親に「死んどくれよ」と思わずこぼしてしまう娘など、厳しい現実、人間の闇の部分が無駄のない冷静な筆致で描かれ、どの話も短いながらたいへんドラマチックで、その冷たさが心に沁みる。 それでも最後の1編「妾の子」は遠くに光が見える結末でなんだかホッとした。


悪い男の表紙画像

[導入部]

 男のアパートはレイキャヴィクの中心街にある。 土曜の夜、秋の夜の街を男は目指すバーに向かって歩き出した。 バーに入り、一人で来ている女を物色する。 三軒目のバーに見覚えのある女性がいた。 連れはいないようだ。 少し時間をおいてから彼女に近付き、上手く話しかけて隣に座る。 店の中で彼らに目を留めた者はいなかったし、およそ一時間後、一緒に店を出て暗い夜道を男の住居に向かって歩いて行く姿を見た者もいなかった。

[採点] ☆☆☆★

[寸評]

 アイスランドの犯罪捜査官エーレンデュルのシリーズ第7作。 ただし今回エーレンデュルは不在で、同僚の女性警官エリンボルクが主人公になっている。 物語は、殺人事件捜査において彼女による多数の関係者への地道な粘り強い聞き取り調査を丁寧に描いていく。 聴取で辛辣な物言いが混ざるあたりはいかにも警察官らしいところ。 本筋ではないがエリンボルクが子育てに悩むエピソードもある。 ラストはスッキリとはいかず、全体に地味なミステリーだが飽きさせない。


ホームページに戻る