焼津脳脊髄液減少症患者支援の会







 交通事故やスポーツ時に頭部などに強い衝撃を受けることによって 
脳脊髄液が漏れてしまい、頭痛、めまい、吐き気、うつ病等 
さまざまなな病状が複雑に発現する病気、脳脊髄液減少症 
  
 脳脊髄液減少症と診断されない場合が多く、ただ「むちうち症」 
と診断され正しい治療がされていない現状があります 
 認知度も低く、検査及び治療ができる医師・病院も限られています 
  
 外見的には健常者となんら変わらないため「精神的なもの」 
 とか「仮病」と世間では言われてしまい患者の精神的な 
 苦痛はもとより苦労ははかりしれないものがあります 
  
 保険適用外の病気なため患者はかなりの恒常的経済支出があります 




ニュース

リンク

メール

直線上に配置