hawk migration sizuoka

過去の記録(Pasc Record)

※「鷹の渡り 静岡」年代別、調査地各地の過去のサシバ通過データ(2004〜2016春)

(春)「平山農道」:
(秋)「杉尾山展望台」:
(秋)未確定(杉尾、平山)重複分:
(秋) 「平山林道」 :

※(ご注意)平山と杉尾の調査地は5km程しか離れていません。そのため同一サシバを重複してカウントされる場合がこれ(重複数)以上にあると思われます。杉尾でカウントされたサシバがすべて平山を通過し,、また再び平山でカウントされるわけではありませんが、静岡を通過したサシバの数が、平山と杉尾を合算された数とお考えにならないようにご注意ください。そのため現在、サシバの飛来、飛去方向、エリアなど検証中です。皆様方にはご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
※(ご注意)(確定された数ではありませんが、参考までに!)杉尾山で三桁以上の大量出現時に平山の数との重複は今シーズンを集計して、今後とも、毎年のデータを重ね重複数の把握に努めて行きます。皆様方にはご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※過去の各調査地、年代別,(春)「平山農道」,(秋)「杉尾山展望台」「平山林道」の渡ったと思われるサシバの羽数(2004〜2016)


※年代、観察地別サシバの通過羽数(Graph)


※(過去の)各調査地点サシバの渡り羽数データ(2004〜2016春)(a past record)


調査地と年代累計羽数/年数
と調査日
平均羽数/年数
と平均調査日
2004200520062007200820092010201120122013201420152016 201720182019

平山農道(春)

6,527/13
(431)
502/13
(33)
11
(2)
12
(8)
8
(10)
74
(19)
249
(35)
338
(27)
615
(35)
685
(48)
534
(47)
492
(50)
717
(49)
1,647
(50)
1,145
(50)
xxx
(xx)
xxx
(xx)
xxx
(xx)

その他観察地(俵峰)他 (春)

1,416/2
(90)
708/2
(45)
観察なし 観察なし 観察なし 観察なし 観察なし 観察なし 観察なし 観察なし 観察なし 観察なし 観察なし 1,024
(44)
(※1)392
(46)
xxx
(xx)
xxx
(xx)
xxx
(xx)

杉尾山展望台(秋)

87,320/10
(285)
8,732/10
(28.5)
観察なし 観察なし 観察なし 2,629
(19)
8,042
(16)
6,385
(31)
8,154
(31)
10,640
(38)
13,082
(36)
9,321
(30)
9,115
(31)
8,234
(28)
11,718
(25)
xxx
(xx)
xxx
(xx)
xxx
(xx)

その他調査地(平山)(秋)

81,568/13
(428)
6,274/13
(32.9)
1,037
(16)
3,350
(28)
4,210
(33)
5,296
(33)
7,903
(46)
5,161
(33)
6,674
(31)
8,655
(39)
10,844
(36)
8,111
(35)
4,046
(38)
6,901
(33)
9,380
(26)
xxx
(xx)
xxx
(xx)
xxx
(xx)

参考(平山杉尾)重複分(秋)

xxx xxx 重複なし 重複なし 重複なし 未確定 未確定 未確定 未確定 未確定 -7,200 -1,809 -948 -969 -6,192 xxx
(xx)
xxx
(xx)
xxx
(xx)

(※1)、2016年春(八重沢)

※(春)「平山農道」サシバ(3月24日〜5月25日)累計通過羽数(2007〜2016)(Graph)

※(春)「平山農道」を通過したと思われるサシバの羽数累計(2007〜2016)(3月24日〜5月25日)

(春)平山農道の渡りのピークは毎年4月上旬にあります。その日の天候、風向き等により若干の違いがありますが
飛来する方向は主に西, 南西からです、飛去る方向はおおむね東、北東の方向です

※「杉尾山展望台」サシバ(9月15日〜10月14日)累計通過羽数(2007〜2016)(Graph)

※「杉尾山展望台」を渡ったと思われるサシバの羽数の累計(2007年〜2016年)(9/16日〜10/15日)


※(2007〜2016秋、杉尾山展望台)(9/16〜10/15)サシバ出現、累計羽数データと通過率%(a past record)


日付9/169/179/189/199/209/219/229/239/249/259/269/279/289/299/30xxx

合計羽数

139 247 302 848 746 2,280 1,015 1,479 6,008 2,771 5,488 10,306 2,255 3,997 9,043 xxx

通過率(%)

0.2% 0.3% 0.4% 1.0% 0.9% 2.7% 1.2% 1.7% 7.0% 3.2% 6.4% 12.0% 2.6% 4.6% 10.5% xxx
日付10/0110/0210/0310/0410/0510/0610/0710/0810/0910/1010/1110/1210/1310/1410/15累計羽数

合計羽数

906 5,354 5,759 8,867 4,241 2,503 3,798 2,998 954 2,689 338 277 316 65 5 85,994

通過率(%)

1.1% 6.2% 6.7% 10.3% 4.9% 2.9% 4.4% 3.5% 1.1% 3.1% 0.4% 0.3% 0.4% 0.1% 0.0% 100.0%

杉尾山展望台のピークは年々2〜3回あります。それぞれ飛来する方向に若干の違いがあり、飛去る方向はおおむね西、南西の方向です
何処から来るのか?飛去後のサシバは何処へ向うのか?今後の調査のデータ積み重ねと精査が待たれます。

※「杉尾山展望台」サシバ出現、30分単位通過羽数(2007〜2016累計)(Graph)

※(2007〜2016秋、杉尾山展望台)(9/16〜10/15)サシバ合計羽数データと30分単位通過率(%)

時間6:00/2930/597:00/2930/598:00/2930/599:00/2930/5910:00/2930/5911:00/2930/59xxxx

合計羽数

1,244 1,466 1,271 2,243 1,403 1,556 2,167 1,713 2,459 3,014 3,431 4,116 xxxx

通過率(%)

1.4% 1.7% 1.5% 2.6% 1.6% 1.8% 2.5% 2.0% 2.9% 3.5% 4.0% 4.8% xxxx
時間12:00/2930/5913:00/2930/5914:00/2930/5915:00/2930/5916:00/2930/5917:00/2930/59累計羽数

合計羽数

4,153 5,748 5,716 7,153 11,858 12,658 7,835 3,716 1,048 26 0 0 85,994

通過率(%)

4.8% 6.7% 6.6% 8.3% 13.8% 14.7% 9.1% 4.3% 1.2% 0.0% 0.0% 0.0% 100.0%

杉尾山展望台では早朝には前日、観察できる範囲の山々に泊ったサシバの出現と11時台過ぎから15時台にかけて高度を保って渡る羽数が多く観察され、
もっとも多い時間帯は14時台前後です。ここ(杉尾山)での調査地の渡りの特徴かと思います

※14時〜15時台の「杉尾山展望台」サシバ出現、5分単位通過羽数(2007〜2016)(Graph)

※(2007〜2016秋、杉尾山展望台)(9/16〜10/15)サシバ合計羽数データと5分単位通過率(%)
(13:30〜15:30)

時間13:30/3435/3940/4445/4950/5455/5914:00/0405/0910/1415/1920/2425/29xxxx

合計羽数

732 872 1,980 909 1,358 1,033 1,789 1,743 2,800 1,996 2,559 1,050 xxxx

通過率(%)

1.9% 2.2% 5.0% 2.3% 3.5% 2.6% 4.6% 4.4% 7.1% 5.1% 6.5% 2.7% xxxx
時間14:30/3435/3940/4445/4950/5455/5915:00/0405/0910/1415/1920/2425/29累計羽数

合計羽数

2,074 1,768 2,219 1,478 2,488 2,523 1,165 699 1,630 1,611 1,710 1,068 39,254

通過率(%)

5.3% 4.5% 5.7% 3.8% 6.3% 6.4% 3.0% 1.8% 4.2% 4.1% 4.4% 2.7% 100%

杉尾山展望台では13時台〜15時台に渡りのピークがあります。この時間の特徴は多くのサシバが遠方(数10kmないし数100km)で塒場所を離れ、高度を稼ぎ杉尾山展望台の上空に出現する物と思われます。ここ(杉尾山)での調査地の渡りの特徴かと思います

※更新情報:2016年10月21日サシバ(2004〜2016)までのデータを更新しました

※分析は楠木憲一氏提供データソフトによる(2012,01/21)


Copyright(C)Watari_Sizuoka/ Since 2010