本文へスキップ

ムシについて

畳に寄生するダニなどのムシについて簡単に説明します。

ダニについて


ダニの発生原因

・畳の上にカーペットやじゅうたんなどの重ね敷きをする。
・ご飯、お菓子などの食べこぼしを放置する。
・畳の上にカーペットやじゅうたんなどの重ね敷きをする。
・雑巾をよく絞らないで拭き掃除をする。
・室内の風通しがよくない。
・加湿器などを使い、室内の湿度が必要以上に高い。
・洗濯物など室内で干す。
・犬や猫などのペットを室内で飼う。


ダニについてと退治方法


 ダニにはいろいろな種類があり、人を刺すダニ(ツメダニ・イエダニ)と刺さないダニ (ヒョウヒダニ・コナダニ)がいます。

 ヒョウヒダニやコナダニなどは、人を刺す事はありませんが、死がいやフンが喘息や アレルギーなどの原因になることがあります。

 カビや埃、ご飯、お菓子などの食べこぼしなどが増えると、それらを餌とする、 ヒョウヒダニやコナダニが増え、増えすぎると、そのヒョウヒダニやコナダニを 餌とするツメダニやイエダニといった人を刺すダニが発生し人を刺すなどの被害が 発生します。

もしダニが発生してしまったら、畳を熱風乾燥機にかける事が有効です。

ご家庭では畳の天日干しや掃除機をかけることが有効です。

掃除機をかける時間ですが、ダニは夜行性であるという特性を利用して 夜かけると効果的です。
夜の8時か9時頃まで電気をつけておいて、その後消します。
30分くらいしてから、真っ暗な状態で掃除機をかけると夜だと思って出てきたダニを 効率的に吸い取ることができます。

掃除機は一畳につき30秒くらいしっかり畳の目に沿って念入りにかけることが 有効です。



このページの先頭へ


チャタテムシ

どの家にも普通に生息している体長1ミリメートルほどの淡黄色
〜淡褐色をした小さな虫です。
小さいのであまり気がつきません。
よくダニと間違えられますが、刺したり、かんだりはせず、
少数であればあまり気にすることはありません。
カビが主食です。大量に発生したときは、 畳や壁紙に生じた
カビが原因です。 湿気を好むので、換気をよくし、室内の乾燥を
心がけます。 大量に発生した場合は殺虫剤で駆除しますが、
畳の下などに潜むので、完全に駆除するのは困難です。
通風と乾燥、掃除などの基本的な環境対策を行い、個体数を
増やさないようにしましょう。 チャタテムシは1年中発生します
が特に5月〜9月が多く見られます。



シミ

長い触角と尾毛をもち、体長は最大で10ミリメートルほどの
銀灰色〜銀黒色の虫で すばやく走りまわります。
押入など暗い場所を好み、でんぷん質や動植物質の細片を
食べます。 書籍や布、糊づけされた壁紙などを食害すること
もありますが、あまり大きな害はありません。
シミは1年中発生します。




シバンムシ

成虫は体長約2.5mmの小型の虫で、体はまるくゴマのような
形で茶色の虫です。
タバコシバンムシは、一般住宅・店舗・食品倉庫など、どこ
でも発生が見られる食品害虫です。
保管してあるパンや小麦粉、そうめん、ココア(粉)、
コーヒー、種、ゴマ、香辛料、乾燥しいたけ、乾麺、ソバ、
ドライフラワー、ペットフードなどあらゆる乾燥した植物質の
ものから発生します。
その他、畳のワラ床からも発生することがあり、表面に成虫の
脱出孔(直径1〜2ミリメートルの穴)をあけるので発生の
目印になります。
発生したシバンムシは、スプレー殺虫剤で駆除できます。
タバコシバンムシ成虫が室内に大発生している場合は、バルサン
などで室内空間を一気に殺虫剤処理すれば、室内を飛んでいる
シバンムシ成虫を駆除できます。
(メスの成虫は、新たに被害を拡大させる(他の食品に産卵
する)可能性があるので、室内をタバコシバンムシが多数
飛んでいるときは、バルサン等の殺虫剤または捕獲して駆除
しましょう。)





高橋畳店

橋畳店

〒410-0057
 静岡県沼津市
  高沢町12-20

フリーダイヤル0120-39-0672
TEL.FAX
  055-921-0672