本文へスキップ

そま工房は、静岡県遠州の伝統織物 阿芭可(アバカ)ふすま紙の工房です。

電話 TEL.0538-23-4771

〒437-1111 静岡県袋井市中新田343

日本の伝統織物、芭蕉ふすま紙のご案内news

「本紗織ふすま紙」 

 糸芭蕉の繊維から紡いだ芭蕉糸を用いて織り上げたものです。おすすめイメージ
たて糸は綿糸でそれが等間隔に配列されているのが本紗織で、二本づつ寄せて双経に配列されているものを芭蕉布と呼んで区別しています。
本芭蕉布も、本紗織も芭蕉糸の天然繊維のもつ丈夫でナチュラルな風合いは、歳月とともにその趣きを増してゆきます。



素材構成   たて糸 40/1 綿糸100%   .
よこ糸 芭蕉糸(天然糸)100%

芭蕉ふすま紙の特徴

パーティーイメージ

 芭蕉はアバカやマニラ麻とも呼ばれます。

 芭蕉糸は、強靭で光沢があり、1本1本の繊維は太さが異なるため、ランダムな縞模様が浮き出して、天然繊維ゆえの趣きが実感されます。自然が生み出す芸術品ゆえに、何度見ても、何年経っても飽きが来ない布です。
 また、年月を重ねる毎に黄変(色やけ)し、縞模様が顕著に現れ、長年にわたり楽しんで頂けるのも特徴です。


芭蕉ふすま紙のご注文の際には、

パーティーイメージ

 当工房で織られた芭蕉紙は、(新)聞に合い紙で裏打ち加工され、各問屋様が発行する、ふすま紙の見本帳を通じ、販売されています。
 高級見本帳の『日本の伝統織物』等の頁をご覧ください。
『紗織り』『芭蕉』などの名前で掲載されています。
 尚、見本帳掲載の商品をご要望の際は、経師、建具、建築、設計等の業者様に、御注文下さい。
 

店舗イメージ

shop info.店舗情報

そま工房

〒437-1111
静岡県袋井市中新田343
TEL.0538-23-4771
FAX.0538-23-4771