サイト理論の成功法則

世に溢れる自己啓発類

さて人の欲望として事業でも研究や学業でも恋愛でも思い描く事の成就を願い或いは成功させたいと思うのは当然の事で、そこで「引き寄せの法則」とか「右脳開発」等の自己啓発本やセミナーの類が続々出て来ています。

エネルギーと人の欲望

ところがエネルギーの観点から宇宙の法則や潜在意識の特性をみますと、人だけが持つ特殊なエネルギーであるその「欲望」こそが己自身を不自由にさせる元凶だと、私はサイト理論にて教えられたのです。

実際に人の都合や願望により考え出された思考やアプローチ法では、宇宙のルールとは波長が合わずに殆ど効果や利益は得られていないはずです。

例えば、軽装でビール片手にエネルギーの世界(宇宙)に出かけられないのは当然の事でしょう。

商業ベースとは区別する

しかし私が授かったこの論理は無理なく科学とも整合し、相手(宇宙)のルールに従いさえすればその瞬間から現実の話しとして誰にも進めることが可能なのです。但し一つだけ実現を困難にするのが前記の「欲望」なのです。正確に言いますと「欲望」を継続し続ける事に問題があるのです。

まずそれが次第に強まり執着と言われる様になりますと、ますます意識は一点に集中し他の情報や正しい考え方を見逃す結果となるのです。

「欲望」の捉え方ですが宇宙側から見ますと、私達が通常誰もが思う「こうなって欲しい!ああなったら良いな!」とか、「困った人を助けてあげたい!」等、またお金儲けとか事業欲の達成とか自己の能力の助長の為とか、或いは病気や困り事を解決したい等々人の思考は全て欲望だと言い切る学者もいるほどです。

また残念ですがボランティアや慈善関係の行動も全て「欲望」の範疇となるのです。もちろん人道上は正しい行いに間違いありません。

あくまでエネルギーのルールから見た場合ですのでお断り申し上げておきます。ただ人は顕在意識が出来てくるとそのプロセス上どうしても欲望が湧いてくるのは致し方ない事なのですが、余りに強く持ちすぎますと先のルールを無視し、自己流のやり方に終始しがちになるのです。

今までの成功者と言われる方々を観察しますと、もちろん欲望から始まる事は確かですがその過程に置いて確実に自然界の力を拝借している節が見受けられるのです。経営の神様とされた松下幸之助さんや本多宗一郎さんも著書の中にその事が書かれているように聞きました。即ち自然界のルールを尊重されていた事が分ります。

そもそも自然界や宇宙には、特別に人だけに配慮する様な思考やエネルギーの種類はないのです。こちら側から寄り添うべきものでもし無視をしますと手痛い目に遭うのが落ちかと思います。

純粋な研究と商業ベースとしての話しをしっかり見極める必要があるかと思います。

(注、ここではテーマに関して「真実」を求める性格上、商業ベース的な発想のものは除く、との考え方でそれらを否定するものではございません。

(楽をして得たい人とそれを叶えてあげる!と言う欲望同士が引き寄せられ何やら魚釣りのシーンがイメージされます)

 ではどうしたらよいのでしょうか?

 

欲望は手放してこそ実現できる!

さてこの世の全ては「潜在意識=宇宙エネルギー」が創造していると考えられるのですが、お話ししました様によくよく観察してみますと実は完璧なものは一つもなかったのです。
少し厳しい話しですが現実として、誰もが健康や長寿を望み金銭や富を欲しがり、常に事業の拡大や出世を考え、挙げ句にもっともっと幸せになりたい!等と願う姿を見てみれば、あまりの不完全さが良く分かるはずですね。何処かに一人ぐらい完璧な人がいても良さそうなものですが。

そこで古の教えにもそれらを「手放す!」と言うのがあり、実は物事の法則としてそうした方がより良い結果を生む事をご存知でしょうか?

「手放す!」と言う意味は即ち「潜在意識」を打ち消す事を指します。そこから出るものは既に申しましたように不完全なものばかりですから、既存の諸説の様に何回書き換えても少しは向上しますが完全なものは出てきません。

そこで思い切って処理をしてしまうとどうなると思いますか?

そんな事が出来るはずはない!とお考えですか?

実はこの理論により可能なのです。

もしそうなりますと見た目には「ゼロ」の状態ですがエネルギーとしてはピュアなものとなり、当然「人の欲望」も消えてなくなります。

そしてここが一番肝心なのですが「消えてなくなる!」と言いますと何方も「なぁ~んだ、それで終わってしまうのか?」と思われるでしょうが、実はそれからが本題となるのです。

考え方の一つに般若心経と言う経がありその主要部に「色即是空・空即是色」とあります。「無」であるピュアなエネルギーが何でも完全なものを生み出す唯一の大元だと言う論理です。

潜在意識が創り上げた不完全なものをリコール修理してくれるのはそこ以外にはないのです。

そのプロセスは詳しくは解説できませんがここがこの理論の凄いところで、結果的に皆様が望まれたものよりも遙かに完璧な結末が待っているのです。

つまりは自然界のルールを正しく理解し応用すれば、欲望の完全達成法となるのです。

私は今までに幾つも絶体絶命の状態から救われて参りまして、また現在もこれによる奇跡の連続を体験中ですので追々ブログの方に経験談を掲載してみたいと考えております。

潜在意識は最終的には不要である!

そこで「不完全な潜在意識」は処理する事に尽きる!と言う、潜在意識を美化し利用しようと謳う皆様には驚きの理論となるのですが、このルールの結末を一度でも叶え或いは見た方はその凄まじい威力にきっと驚きを通り越し感激され、その真実に目覚められる事でしょう。

故にサイト理論では物事の順序として「潜在意識」を徹底的に究明しますが、私達のあらゆる問題の元がそこから来ている事が理解されれば、その解決には元を絶つのが一番なはずで、故に最終的に必要ありませんよ!と結論づけているのです。そして既にその処理法をも授かっているのです。

これが本当の成功法則だ!

サイト理論の特徴の一つですが「ポジティブ思考」による引き寄せ方式は採用致しません。成功率がとても低くせっかく成功しても何れは「ネガティブ思考」に負けてしまうからです。

その事は皆様の中にも既にご経験済みの方がいらっしゃるかと思いますが、実はサイト理論では「ネガティブ思考」を駆逐(くちく)する方法を授かりました。これさえ確実に出来れば先の心配は全くないからです。

これの威力は人力や人智ではとても及ばず、したがって定義としまして「誰一人傷付かず未来に渡り最善・最良の結末を迎える!」と言う本当に信じられないものとなったのです。

例えば何がしかの志を立てチャレンジしたとします。万一目標完遂が出来ず或いは挫折した場合にも、ちゃんと最善の道に導かれご本人にとりそこが問題の完全解決の「場」となると言うものです。
凡そ事業などでの成功率は1%以下と言われ、強い意志と頑張りだけでは殆ど通用しません。残りの99%のチャレンジャーは挫折を味わうだけでは余りに悲惨です。

スポーツ界でもどの分野でもご承知の様に同じようなものです。

そんな場合にも最善の結末を迎えられるのは、それが真の意味での成功法則と言えるのではないのでしょうか?

本当に簡単な方法で最高の人生を実現できるのです。