21世紀最初のまつり!
 


 21世紀最初の府八幡宮祭典は、年番を「東組」が勤めた。過去の記録を繙くと不思議なことに、いろいろな節目の年の年番を東町「東組」が勤めている。

 例えば日本が戦争に敗れた昭和20年の「戦後初のまつり」も東組が仕切っている。これはまったくの偶然なのだが、このあたりの歴史を振り返ってみよう。

 東組の山車の建造時期については不詳。
 町関係者は「明治時代」と言うが、事実とすれば、現在の中泉の山車の中では最も古いものとなる。

 明確な記録として残っているのは田町・盛友社の大正2年建造。東組は二輪で、他の同種の七軒町・騰龍社や中町・鳴鶴軒より一回りも二回りも大きい。

 写真(下)はまだ上部に漆が塗られていない段階の非常に珍しい写真である。

 場所は金山神社(現在の東町公会堂)の前。
 人形は、府八幡宮の祭神である「神功皇后・応神天皇」と「武内宿祢」である。

 多くの町内が人形を毎年業者から借りて変更するのに対し、東町は自町で購入をし変わらない。
(玉匣社も「舞車」の人形に固定)



金山様前にて東組・山車
 



 昭和20年8月15日、日本は敗戦を迎える。
 連合軍司令官マッカーサーは8月末厚着へ到着。
 日本は占領される。

 しかし、この年の年番である東組は、八朔集会の開催を各町へ通知、祭の準備にかかる。

 残念ながら、この年の「年番記録」は最初の部分が欠落しているが、後半から推測するにやはり時代の大混乱の時、祭実行までに大変な苦労があった様子がわかる。

 当時の価値観の急変、国自体また中泉町自体がどうしたら良いかわからない時であるから「権威」を何処へ求めたら良いかさえわからない。

 従って、八朔集会において世話係は意見を集約しつつ町と警察の意向を探ろうとする。

 結果、各町の区長とも話し合い「山車奉納」をするかどうか多数決で決定つることとなり、最終的に五対三にて実行をすることとなる。

 当時はモノが何もない時代だ。ロウソクさえなかった。千鉄支店でロウソクの入手方法について協議をしている。 祭は10月2、3日と行われた。

 初日は「天気晴朗絶好の祭日和」とあり、ある種の開放感の中、祭を迎えた町民の嬉しさが伝わってくる。

 初日、2日とも事故があったり雨が降ったりしたことを、まるで「八百長」のように利用し盛大な祭を三日目の朝六時半手打まで行ったのである。

 戦争で多くの若者、人々が犠牲になった。また、この時点では故郷へ帰って来られない人がたくさんいた。

 現に玉匣社の若者名簿にも「戦地より帰らず」の表記が残っている。

 そのような中、しぶとく府八幡宮祭典余興を実行した当時の世話係の心意気が理解できる。

 中泉庶民史の一側面を伝える大事な記録である。
 なお、空襲で山車を焼失した新栄社は参加できなかった。

東組・山車/昭和10年撮影

 
 昭和時代は十ヶ町だったので、年番の年は0年が東組、1年が騰龍社であった。

 昭和10年の祭は年番東組が年番辞職を言い出す相当揉めた祭だった。

 特筆すべきは、この年初めてコースに久保川沿いが入ったことだ。この年のコース表は現存。

 更に10年前は、大正14年となる。「八幡宮祭典余興申合規約」が改正されている。

 前年「坂ノ上対七軒町」の紛糾事件があり、これが未解決の為、年番は年当初より各町集会を開くがなかなか解決せず、ついに心誠社若者は解散状態となってしまう。

 結局八朔集会時点では出席できず、その後復活して祭には参加をした。

 大正4年という年は中泉府八幡宮祭典にとっては記念すべき年である。

 というのは、現在に残る「年番資料」の最初の年であり、かつ栄町が組織に加わった年、すなわち十ヶ町組織ができた年だからである。

 その為、当番・東組は各町に計り「八幡宮祭典余興申合規約」を決定させた。

 この年にこれができた理由は、明治天皇の喪が明け御大典が行われたことが大きかったと思われる。

 それにしても当番・東組は、その時代の大きな役割を果たしたことに間違いない。

 江戸時代は「久保若、西若、東若」と言われていたが、その一翼を担った伝統町内の面目躍如たるものがあり、その功績は現在の「年番資料引継ぎ」にそのまま反映されているといえよう。


    

 
こんな言い伝えがある。というよりも子供時代からそう信じてきたのだが、こんな会話が子供同士で交わされたものだ。

「東町の人形はいつも変わらない。変じゃないか」

「ばかいうな。おらん町の人形は他と違って、八幡様の鳥居が倒れるまで変えちゃあいかんだぁ〜」

「なんでだぁ〜」

「むかし、神様が山車は鳥居をくぐっちゃいけないって言っただに、東町の山車がかってにくぐって、八幡様が怒って【この鳥居が倒れるまで、人形をかえる事まかりならん】って言っただにぃ〜」

「ほんでも、いつもいっしょじゃあ面白くないらぁ」

「鳥居が倒れたら、次の年番町にあの人形を引き継ぐだにぃ〜」

「じゃあ次は七軒町があれを人形にするのか?」

「そうだぁ」

「それじゃあ、昔は久保や西町もあの人形だったのかいなぁ?」

「鳥居が二回倒れたってことかいなぁ?」

「坂之上や田町は人形を乗せれん山車だで、どうするだいねぇ?」

「ほんでも、あの赤ん坊は誰だ〜? あの爺さんは誰だ〜?」

「ばぁか、あれは八幡様の神様じゃん。 昔の天皇様らしいぞ」

「詳しいことを、おとっさにでも聞いてみすかいのぉ〜」

「そうするべえ、そうするべえ」




トップ・ページへ戻る
お祭新聞