10月第一・土日曜日

 
吹く風に冷気を感じる頃、「祭り人」の血が騒ぎ出す。

 今年も良いお祭りにしたいと、各町世話係を中心にそれぞれ頑張る。
 年番がまとめ役となり、九月1日の「八朔集会」を初めに、「臨時外交集会」を重ね、今年のコースが決定し、府八幡宮祭典が執り行われる。

騰竜社二輪山車


祭の見所


 “祭の見所”も様々だ。
 「掛塚屋台まつり」は、屋台の美しさもそうだが、お囃子も「京の雅」を感じさせる優雅さがあって楽しめる。そして毎年、心血を注いで屋台の組み立てを行っている。これも見所だ。
 「横須賀まつり」は、なんといっても、江戸の伝統を守り抜く心意気の結晶“祢里”と“粋な江戸囃子”。

 それぞれの町に心意気というものがある。
 それらが見る人も一緒に巻き込んで祭に酔わせる。それが祭だ。

 中泉の祭では、若者はコース取りに必死になる。
 十六ケ町はそれぞれに自町の誇りを胸に主張を展開する。
 それは「若者の祭り」の主張となってしまう。
そこに、外側から見た「中泉の祭り」の位置づけの意識はない。

 戦後になってからは、全山車がお宮に集まることなく祭が始まり、終わってしまうこともあった。近年、千秋楽の「宮入」の時だけ全山車揃い踏みとなる。しかし、ただ集まるだけで解散してしまう。神社と一体になった祭ではない。『神事の余興』という位置付けではない。

 中泉の祭は、本来は毎年9月1日の「八朔集会」の場で全てが決まった。「申し合わせ事項」の中に「全山車、府八幡宮に参集のこと。」とあり、山車のコースも決められていた。しかし、昭和5年に初めて「臨時各町集会」を開き、「新コース案」について協議を行った。しかし、当時はまだ大きな変化もなく戦争を迎え、団体行動もできない厳しい時を過ごした。

 戦後になると、大きく様変わりしてしまい、山車が神社にも集まるという最も大切な伝統は崩れてしまった。そして、毎年、「臨時外交集会」を開いて、各町の思惑によって、コースを決めるようになっていった。自己主張のぶつけ合いが行われるようになっていった。

 本来、全町の山車はお宮に集まって、各町代表者
(世話係は法被、中老は羽織袴で参列)が神事『夕祭』に参加して、その後に宮を出発、「宮出し」した山車が西東二班に分かれて、「宵祭り」を行った。

 そして、2日目は本祭に参列するために全山車を宮に集めて、代表者が『例大祭』に参列し、全山車が「御神輿渡御」のお供をとして、御神輿コースを一周して、お宮に戻り、「宮入り」してから『終了式』を行って祭典の終了となる。


 「京都祇園祭」 「秩父の夜祭り」等、全国の伝統ある祭の多くが、神社から御旅所への『御輿渡御行列』が<祭の見所>となっている。その伝統を守り継いでいる祭が観光としても大いに評価されている。それが<見所>として評価されている。そこには、積み上げられ、守られてきた伝統が存在している。



般若の舞<玉匣社>



▽祭の楽しみ方は いろいろある。人によって様々だ。
参加する人も楽しいが、中泉に嫁に来て参加はしないけれども見るだけで楽しいという女性も多い。

現代の八幡宮祭典余興は女性大歓迎だが、昔は参加できなかった。

現在も女性世話係はいない。もうすぐ、女性世話係が必要な時代が来るかもしれない。

▽祭は老若男女がみんなで参加し楽しむことができれば、これに越したことはない。

だが、伝統的に女性参加が許されない祭もまだあちこちに残っている。お隣の見付天神裸祭りもその一つだ。

京都祇園祭も半田祭りも女人禁制である。
いつかこれら伝統的な祭礼も変革の時を迎えるかも知れない。

他はともかく中泉は誰でもルールを守れば参加できるのだから、大いに参加し山車引廻し、練り、お囃子をみんなで楽しみたい。

▽筆者はたまたま「祭典女子中学生参加実現の年」に一中のPTA役員をしていたが、その前年の三年生女子の団結と行動を忘れることができない。

彼女たちは学校に多くの署名を提出し、女子参加実現を勝ち取ろうと懸命の努力をした。

その年は外的な準備ができていないという理由で一歩及ばず実現は翌年に持ち越された。

その時の彼女たちの泣きながらのことば。
「自分たちの行動が来年に繋がればいい。
先生方も地域の人たちも分かってくれたと思います。」

当時、高校生は参加不可であったから、その学年の女子は参加できるまで随分と時を待たなければならなかった。

▽大人が時に教えられる。祭の楽しみ方はいろいろとある。
その二回の祭は中学生の練りや参加方法をスムーズに実施することが、自分の祭であった。
今振り返れば爽やかないい祭だった。 


奉納舞<浜垢離>




トップ・ページへ戻る
お祭新聞