長浜曳山まつり
八幡宮境内にて

先ずは、後に下がる、綱を後に引き出し、
「ヨイヤサ〜、ヨイヤサ〜、・・・・」のかけ声・・
扇子を持った若衆が囃し立てる合図に
会わせてヨイサ〜、ヨイサ〜・・・。
曳山の後にいる人足衆(十人位)が山車の
後に突き出た三本の丸太棒の上に乗り
体重を掛けて前輪に掛かる荷重を軽くし、
前輪をスライドして方向転換する。
後方からのぞき込んで見ると、
車輪の幅はゆうに30cmはある。
土台に組み込まれて後方に延びる丸太棒
が真ん中に1本、左右に各1本ずつあり、
重たい山車を操作するのに欠かせない存在。
今度は、前に押し出す。
ブレーキを交っているところ・・、
車輪の下に、先を薄くした棒を
差し込み、制止させる。
「ヨイサ〜、ヨイサ〜、・・・・」の
かけ声と共に前に引き出すところ。
すっごく重たそう・・・!