新山車の形は「大唐破風前一層(向拝)高欄付四輪」の上に上山を取り付けた形になっています。

 「屋台」の重厚さに、これまで中泉地区ではなかったデザインが加わり、「山車」の華麗さも合わせ持ち、両方の良さが見事に調和された豪華な形となりました。

 形の良さだけではなく、本来の山車の持つ意味を考え、あらゆる事を考え抜いた結果がここに結集しています。 

 その中でも注目すべきは、上山に神様が祀られていることです。
そもそも玉匣社とは、神社の御玉
(御魂)が祀られた乗り物<匣山車(はこだし)>を意味します。

 上山を祠
(神を祀る小さな社)として、社名どおりの山車(移動神座)に形づけられたわけです。

 この上山は上下可動式になっており、上がった時には5m40cmの凛々しい姿となり、下がった時には4m80cmの堂々とした姿で異なった趣があり、見る人の目を楽しませます。 

 横幅は2m40cmと少々スリムになっていますが、これは「今まで旧山車で通った所には、どうしても行きたい!」というみんなの思いからです。

 前輪を小さくし内側に納めることで駆動性を高め、後輪を大きめに外へ出し装飾をすることで二輪山車の趣を残し、欄干を付け、人形
(前後約1mスライド可能)を乗せることで忘れ難い旧山車の名残を留めました。 

 幕も旧山車の時と同じ絵柄とし、伝統の継承をしています。
一方、車輪には特殊ベアリングを、ブレーキはドラム式にと最新の技術も駆使しています。そして、山車の動きに合わせて揺れる山車丸提灯が、風情を醸しだします。

 こうして新しく生まれ変わった玉匣社を、よ〜く眺めて感じた事は、前から見た時の絢爛豪華さに加えて、後から見た時の見送り幕と重厚かつ繊細な彫刻に彩られ聳
(そび)え立った姿は、威風堂々とした風格があり「一見の価値あり!」だと思います。

 念願であった総欅造り、見事な彫刻、どこから見ても調和のとれた姿は、久保町町民の栄光と繁栄の象徹として21世紀へ、そして22世紀へと受け継がれて行くに相応しいものであると思います。
 





山 車 仕 様 一 覧 表
形   式 大唐破風前一層(向拝)高欄付四輪
上下可動式上山
寸   法 奥行 4,000o
2,400o
高さ 5,400o(可動式上山最高値)
4,800
o(可動式上山最低値)
最低地上高 580o
土   台 車軸長 1,580o
車軸幅  前輪 1,070o
後輪 1,830o
総 重 量 約5t
上下可動装置 ラジェットウィンチ
材   質 欅(本体及び彫刻)
錺 金 具 約300個

提   灯

総数30個
(紅白各15個)
前山左右3個ずつ(八寸)
胴山左右7個ずつ(八寸)
上山左右5個ずつ(七寸)
  照   明 蛍光灯   9灯
スポットライト 10灯
発 電 機 出力6キロワット(ホンダ)
棒ハンドル式
車   軸 前輪直経 370o(鉄製内輪)
後輪直径 760o(鉄製外輪化粧仕立て)
制御装置 ドラムブレーキ式




トップ・ページへ戻る
記念誌