はじめに
  皆さんが日頃生活する中で、他の人と色々な約束をしたり、話し合いをした時、その内容を書類にして残すことがあります。

  行政書士はあなたの身近な相談相手として、それらの書類の作成を手助けしたり、また皆さんに代わって官公署(国・都道府県・市町村)への許可・認可・届出の申請書類を作成し、提出・受領をします。

 行政書士は昭和26年法律第4号により制定された行政書士法に基づく一身専属性の専門家です。

※参考:知って得するガイドブック(静岡県行政書士会発行)



当事務所の代表的な事例
農地法申請
 農地(畑、田等)を農地以外に転用する場合、転用して売買などをする方、農地を売買するなどして名義を換えたい方農地を農地以外に転用して所有権を移転したい。賃貸借などを設定したい。農地を売買したい。そんな方の申請です。
適合証明
開発行為許可申請

宅地分譲計画を開発行為許可申請をした案件、図面は造成計画平面図
土地利用申請
 施工区域の面積が、原則として、市街化区域にあっては2000u以上、市街化調整区域にあっては5000u以上の場合土地利用申請をしなくてはならない可能性があります。(浜松市基準)


※俗にいうスーパー銭湯を土地利用申請をして建築した案件、図面は造成計画平面


※開発行為許可申請、土地利用申請
※農地を造成して飲食店2棟、ビデオレンタル1棟を同時に建築した案件、図面は造成計画平面図

道路承認申請
 道路を有効利用するために工事をしたい方は官公署に承認申請をします。

※住宅出入口を新設するため歩道を乗用車がはいれるように切り下げ、緑地を撤去した案件、図面は詳細図の一部。

道路使用許可申請
 道路工事をする際、工事中に車両を片側通行止め、通行止め、交通規制をしくため警察署に道路工事使用許可申請をします。
通常、道路承認申請とセットで申請します。

用途廃止・払い下げ申請
 自分の住んでいる建物の下に使用していない道路や水路の絵が公図などで確認でき、その部分を購入したい方
除外申請
  優良農地(青地)の区域から除外する(白地)の申請。可能かどうかの御相談から。
都市計画法等に関連する申請
 市街化調整区域内に建築物を計画している方。建築可能かどうかまずは御相談から
車庫証明
 忙しくて時間の余裕がない方。行政書士が代理申請をすれば警察署に行く手間が省けます。お気軽に連絡ください。
出入国管理に関する申請
建設業許可申請
内容証明作成代行
その他官公署代理申請