この様なときご相談ください

【境界立会・測量業務】

建物新築、増築、一部取毀、取毀 などの建物の登記(建物表示登記、建物表示変更登記、建物滅失登記 等)
土地に関する登記(土地表示登記、土地地目変更登記、土地分筆登記、土地合筆登記、土地地積更正登記 等 )

※境界標(杭)写真 金属標プレートです。 ※境界標(杭)写真 コンクリート杭です。
       
 
事前調査を実施した後、現場の測量をします。データを集め現場の杭が正しいのか、入っていない杭は専門知識で鑑定し、公平で誤差範囲内の正しい位置に復元します。
※光波測定器で現地の測量をしています
役所が合意、若しくは隣が合意すれば境界確定図を作成し、合意の署名または印鑑をもらいまとめて送付します。
役所にも記録として残り保存されます。




【土地・建物の登記】
次のような場合には所有者は不動産登記法により1ヶ月以内に登記の申請をしなければならないことになっています。この業務は土地家屋調査士が行います。
@建物を新築したとき
 (自分で建物を新築または建売住宅を購入した場合等)

 ※建物図面、各階平面図:建物の新築、増築、一部取毀等の登記の際、必ず登記申請書に添付する建物図面、各階平面図です。登記後は、法務局に備えられ誰でも閲覧できるようになります

A建物の所在または種類・構造および床面積を変更したとき
 増築をしたり建物の用途が変更したとき、あるいは屋根を異なる材料で葺き替えた場合等

B建物が滅失したとき
 (取り壊し、焼失等により建物で無くなった場合等)

C新たに土地が出来たとき
 (道路、水路等の払い下げを受けたとき、公有水面を埋め立てた場合等)
D地目(宅地、田、畑等)を変更したとき
 (山林、田、畑等を宅地などに変更したような場合)

E地積(面積)に変更があったとき
 (土地が登記してある面積と異なる場合)

 
Fそのほか表示登記には
建物の分割、合併、区分、および表示更正(訂正)等の登記・土地の分筆、合筆、および表示更正(訂正)等の登記などがあります。

※地積測量図:土地分筆登記の際、必ず登記申請書に添付する地積測量図です。登記後は法務局に備えられ誰でも閲覧できるようになります。

上記の他、土地家屋表示登記の相談も土地家屋調査士の業務です