関口流抜刀術の歴史 トップページ目次に戻る
<家康が築城した浜松城>
 関口流抜刀術の根源は、鎌倉幕府倒幕後、果てしなく続く南北朝騒乱の時期に関口家は本家今川家の重臣となって230年間の戦乱を乗り越え安泰をささえた。その生死を経て関口家子々孫々に秘伝として継承されてきた武術である。
関口家は、足利尊氏一門・三河足利長氏の子国氏が今川の祖である。国氏の子太郎基氏が今川家系となる。基氏の弟常氏は今川と名のらず関口と称した。常氏は二代で没したので常氏の弟経国が関口家初代となる。故に関口家は今川家の重臣である。

今川家の家系は、初代範国(駿河・遠江守護) 二代範氏(駿河・遠江守護)弟は貞世(九州探題・安芸、築後、豊後、肥前、大隈)貞世の弟仲秋(侍所頭人肥前、肥後後江、尾張守護)  三代泰範 四代範政 五代範忠 六代義忠 七代氏親  八代氏輝 九代義元 十代氏真

九代今川義元の時、西暦1549年(天文18年)徳川家康が人質(単なる人質ではなく義元に期待された少年)として駿河に着く。家康は8歳から19歳まで府中で生活する。
この頃関口義広(氏広)の娘と徳川家康が結婚した。関口義広の妻は今川義元の妹だから、家康は今川義元の姪と結婚したことになる。
西暦1560年(永禄3年)桶狭間で織田信長の奇襲攻撃により今川義元は没した。
西暦1562年(永禄5年)持舟城主関口刑部少輔(氏広)自刃。今川氏真(義元長男)は関口氏広が徳川に密通したと疑い、暗殺をせまり自刃させた。
西暦1600年(慶長5年)関が原の合戦・慶長5年7月伏見城を守る鳥居元忠が最後に送った使者が西軍の旗上げを告げた。この報告を受け家康は素早く東軍を結成し、関が原の合戦で勝利を得る。
<陳ゲンピン記念碑>
西暦1613年氏心(16歳)は家康につれられて江戸に行った。
西暦1621年(元和7年)明の国の豪商が日本と商取引をする為に二代将軍の謁見を得て江戸入りをした。陳ゲンピンは明の国の豪商の護衛として来た。
陳ゲンピンは幕府の計らいで江戸芝飯倉西久保に有る国昌寺に滞在することになった。明国の商団の世話役の一員として氏心が選ばれた。元和7年から寛永4年までの約3余年間国昌寺に滞在して商取引をした。
陳ゲンピンは豪商の護衛中敵に遭遇すると、動物の様に、跳ねたり、木に飛びついたり、屋根に飛び上がったりしてまるで猫の様に身が軽く、馬の様に強く人を蹴った。刀を抜かずして相手を仕留めた。この唐の拳法に大いに感動したのが氏心であった。氏心は秘かに唐の拳法を研究した。            
西暦1651年参勤交代で江戸に来ていた紀州藩主頼宣は、氏心の長男氏業の剣術がすごかったので幕府に願い出て、紀州につれて行った。
氏業は1654年紀州を辞して江戸に帰るが、東国武者修行の旅に立つ。紀州に仕えたのは3年ぐらいである。

<渋川伴五郎義方肖像>
一方江戸関口家道場では、氏業留守中に渋川伴五郎が入門し、氏心の明の拳法と関口流を修得したが、長い太刀で立合うより明の拳法の方が新時代の武術と信じて、明の国の服を着て関口流の道場で明の拳法と古来より伝承されたる関口流の業を混ぜて、古来の業を変えて弟子達に指導するので、氏心は伴五郎を破門した。
東国武者修行と視察の任を終えた氏業は江戸の芝浜松町(駿府の地名)に道場を持った。
伴五郎の業の優れたるをみて、伴五郎の剣と柔は新しき日本の武道界に必要であると認識し再び道場の出入りを許可した。

西暦1680年(延宝8年)伴五郎29歳にして、関口流の免許皆伝を得て和歌山城下に「道疑館」を開いた。
西暦1681年(天和元年)江戸佛乗院で柔術の試合のため江戸に行き、3回試合をして3回とも勝ち有名となる。この年紀州を辞して江戸の芝西久保城山に道場「武義堂」を開いた。当時門弟3000人とも称せられた。
後に伴五郎は関口流抜刀術第2代目を継ぐ。関口氏心より学んだ柔を更に追求して渋川流柔術の祖となる。


太刀(たち)について
太刀は腰に吊るして、刃が下向きのまま下へ抜く。
刀(かたな)について
刀は帯に差して、抜きます。
《注》刀剣界では永禄年間までを古刀。関が原の戦い後つまり、慶長元年から新刀と呼ぶ。

関口氏心・陳ゲンピン・白兵戦とは違う辻切り・立会試合そして古刀から
新刀へと時代の波に揺れて、時代と共に武術も変わり行く。
<写真は岐阜県関市の居合道専門店農州堂のカタログより転写しました>
平成21年7月22日午の刻
全日本居合道連盟八段
関口流抜刀術第十六代宗家 静林