関口流抜刀術 第十六代師範(静林)
全日本居合道連盟 関口流抜刀術 宗家


関口流抜刀術の歴史

台湾で剣術指導

業の特徴

居合道大会

青木規矩男と赤樫の木刀

兵法と武士道

関口流抜刀術の師

関口流武士の文才

文武両道

居合和歌100首

剣と筆

兵法と陰陽五行

二天一流・関口流抜刀術

駿河館道場紹介



 関口流抜刀術の根源は、鎌倉幕府倒幕後、果てしなく続く南北朝騒乱の時期に関口家は本家今川家の重臣となって230年間の戦乱を乗り越え安泰をささえた。

 その生死を経て関口家子々孫々に秘伝として継承されてきた武術である。

 関口家は、足利尊氏一門・三河足利長氏の子国氏が今川の祖である。国氏の子太郎基氏が今川家系となる。

 基氏の弟常氏は今川と名のらず関口と称した。常氏は二代で没したので常氏の弟経国が関口家初代となる。

青木規矩男肉筆書
青木規矩男肉筆書
関口流看板
関口流抜刀術
関口流抜刀術
駿河館道場 剣士
駿河館道場 剣士
歴史
台湾での剣術指導
業の特徴
居合道大会
関口流抜刀術の師
青木規矩男と赤樫の木刀
兵法と武士道
関口流武士の文才
文武両道
居合和歌100首
剣と筆
兵法と陰陽五行
駿河館道場紹介
お問い合わせ
印刷をしてご覧になる方は、こちらから