Home

Concept

Works

   

耐震診断

お問い合わせ

Link


    耐 震 診 断

平成7年の阪神・淡路大震災では、亡くなった方の8割以上が、建物の倒壊などによる圧死でした。
まず耐震診断を行い、ご使用の建物の耐震性能を知ることが第一です。

           <耐震性が低いとされる木造建物>

  
・ 昭和56年5月以前の建物。
        
(昭和56年6月以降、建築基準法の耐震基準が強化されました。)
  ・ 1階部分の上に2階を増築した建物。(おかぐら増築)
  ・ 柱や壁の撤去を行って大規模な改装を行ったことのある建物。
  ・ 構造体が腐ったり、シロアリの被害を受けている。老朽化が著しい。

静岡県内では、「TOUKAI−0」プロジェクトで
耐震診断・耐震補強計画・耐震補強工事には市町村の補助金などが受けられる制度があります。
補助金等の交付には、条件があります。
担当市町村もしくは、当事務所へご相談下さい。

静岡県 耐震ナビ   
http://www.taishinnavi.pref.shizuoka.jp/index.html 

    ご自身で耐震診断をしてみましょう(木造建築物)
 
専門知識のない方でも簡単に木造住宅の耐震診断ができるプログラムを
(財)日本建築防災協会で提供しています。
ご自身がわが家の耐震性をチェックすることで地震の時に安心であるかどうかを、
身近に感じていただくことができます。

インターネットでできる 「誰でもできるわが家の耐震診断」
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/wagayare/taisin_flash.html
 
 
    ご自宅の被害予測を調べてみましょう

静岡県地震防災センターでは、静岡県第三次地震被害想定結果をGIS(地図情報システム)で閲覧できます。

静岡県地震防災センター   http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/dai3zirenewal.html

    耐震補強

耐震診断により、倒壊の危険性が指摘された場合には早急な対策が必要です。

当事務所では、耐震診断結果に基づき合理的な補強計画の策定を行っております。
どこがどのように壊れやすいのかを検討し、最小限のコストで最大限の効果が得られる
適切な工法ご提案させていただきます。是非、ご相談下さい。

← 戻る