株式会社森下商店はフジモ印の金山寺、梅干、らっきょう、甘酒 など各種漬物を製造、販売する会社です。          2016.06.30更新
      


1951年創業

当時の心を忘れずに日本の伝統食品を今の時代にお届けします。


 株式会社森下商店


〒420-0913 静岡県静岡市葵区瀬名川 3-27-10  

TEL 054-261-3022  FAX 054-262-6238  E-mail fujimo@tokai.or.jp

営業時間 8:00〜17:00 

(日曜日、祝日、土曜日の一部は休業日とさせていただいております)

弊社事務所にて一般消費者向けに小売いたしております。

宅配便による全国発送も受け付けております。

ご注文等のお問い合わせは、上記の電話、FAX、メールにて承ります。

お気軽にお問い合わせください。



フジモ印は日本一の富士山の「フジ」、森下の「モ」をあわせた森下商店のブランド。「富士を尊び、富士に学び、不二なるものを造ろう!」という職人の想いが込められています。

 





訪問ありがとうございます

     


 フジモ印 金山寺みそ 



弊社の金山寺みそは埼玉県産の茄子と徳島県産の白瓜を大きめに刻んで使用しております。写真の中の黒っぽいものが茄子です。みそに対する茄子の使用量が多いのも特徴です。

うすくスライスした生姜も使用し、全体的に甘口に仕上げてあります。味付けについては、一概には言えないのですが、静岡県で生産されている金山寺みそは総じて甘口だと個人的に感じています。

また、静岡県の金山寺みその生産量は全国的にもトップクラスになります。県単位での正確な数値は出ていないのですが、静岡県のみそ組合が供給している原材料となる小麦の使用量から判断しています。製造量が多いということは、消費量も静岡県は多いということですね。ありがたいことです。

 



会社概要      通信販売      食べ方提案   担当のうんちく

     



 金山寺みそ 250g




弊社の金山寺みその中で、一番の製造量、販売量をほこる、製品です。

静岡市内の小売屋さんをはじめ、県外でも問屋さんを通じて販売していただいている商品です。

大きめに刻んだ、茄子・瓜・生姜を使用しております。

他社の金山寺みそに比べると、甘口で食べやすい味に仕上げてあります。


 



 練りわさびの辛さが金山寺みそにマッチ 




金山寺みそに練りわさびを合わせました。

金山寺みその甘さと練りわさびの辛さがベストマッチング
です。

練りわさびは市販品のチューブ入りでOK。食べ慣れた金
山寺の味が、びっくりするほど刺激的になっておいしいで
すよ。暑くなってきたこの時期にぴったり。食が進みますよ。

ぜひ、お試しを!





 
金山寺 具だくさん 


通常の金山寺みそより野菜の使用量を約1.5倍にして製造している、ちょっぴり贅沢な金山寺みそです。

「金山寺みその中の野菜がおいしいから、野菜が多い方がいいよ」という消費者の声にこたえて、製品化しました。

手作業で袋詰めしていますので、大量生産できない代わりに、金山寺みその小麦や大豆の粒型がきれいな製品です。