トップページへ

「fts now」や「ftsblog」からのピックアップやタイムリーなイベント情報など、ちょっと美味しいニュースを随時お送りいたします

MR-Pro 小型軽量の音響用ポータブル測定器NTI Minstrumentsシリーズの新機種MR-PROを新規導入しました。 オーディオジェネレータとして、高品質・高精度のオーディオテスト信号を出力し、業務用音響設備のシステム検査やトラブルシューティング作業に使用します。ケーブルチェッカー機能も併せ持ち、最近のファームアップデートではスピーカインピーダンス測定もできるようになり大変便利なツールに進化しています。
電源品質アナライザHIOKI3196 電源は音響・照明・映像・IT機器の全てに関わる重要なものですが、年々電源事情が悪化傾向で、それに起因する障害も少なくありません。
そこで電源品質を客観的に判断できる電源品質アナライザHIOKI3196を新規導入いたしました。
品質だけでなくリアルタイムで全ての相の監視ができ、長期間ログも収集できますので、省電力が叫ばれる昨今、その面での活用の場も出でくるものと考えます。
デジタル用測定器デジライザーDL1 音響設備でデジタル機器が増えて参りましたので、NTI社(独)のデジタル用測定器デジライザーDL1を導入しました。
アナログと異なり伝送系の判定が測定器無しでは困難ですので、導入を急いでおりました。
検討の結果、小型でバッテリー駆動の機動性を重視しDL1を選定しました。
今後、施工や保守など色々なフィールドで幅広く活用したいと思います。
EASERA 音響測定用の新規ソフトウェアを導入し、併せてオーディオインターフェースをUSBからFireWireタイプに更新いたしました。 新規ソフトウェアは、音響シミュレーションソフトでは業界標準となっているEASE(イース)の開発元(ドイツ)が新たに開発リリースした「EASERA」というものです。
従来から使用しているSmaartLiveやAcousticToolsと併せ、より精度の高い音響解析を図りたいと考えています。
HIOKIケーブルテスタ IT関係だけでなく音響・照明・映像関係もデジタル化でUTPケーブルが使われることが多くなってきました。ケーブルを作製や敷設した際、チェックに欠かせないのがケーブルテスタです。
今回はスプリットペアも検出可能なワイヤマップ機能、断線・短絡位置の確認もできるケーブル長測定機能を有しコストパフォーマンスの高いHIOKIの最新機種を選びました。
ワイヤレス送信機「WX-4700」 Panasonicからリリースされているユニークな 800MHzワイヤレス送信機「WX-4700」を新規導入しました。
4chミキサー機能があり、例えばスピーカまでの配線ができない現場などでは大変便利です。
このミキサー機能を利用してオシレータを入力し、ワイヤレス受信機の機能動作点検にも利用しようと思っています。