制度の説明

船舶免許静岡更新センター

Boat License Shizuoka.

SANY0150.jpg 

| HOME | 制度・更新・失効説明 | 遊漁船業務主任者の説明 |  

遊漁船業務主任者の制度について

遊漁船業の適正化に関する法律(遊漁船業法)に基づき、遊漁船業者は都道府県知事の登録を受ける際に主任者を選任し、また、遊漁船を出航させる際には遊漁船業務主任者を乗船させることが義務づけられています。
遊漁船業務主任者になるためには、次の3つの条件を満たす必要があります。

  1. 海技士(航海)又は2級以上の小型船舶操縦士の免許(*1)を取得していること。
  2. 遊漁船業に関して1年以上の実務経験を有している、又は遊漁船業務主任者のもとで10日間以上(1日につき5時間以上)の実務研修を修了していること。
  3. 農林水産大臣の定める基準に適合する講習(*2)を修了し、且つ5年を経過していないこと。

(*1) 小型船舶操縦士の免許については「特定操縦免許」も必要です。
(*2) 「農林水産大臣の定める基準に適合する講習」について、当センターはLinkIcon農林水産大臣の認定を受けています。 LinkIcon(遊漁船業務主任者を養成するための講習の認定証)


料 金 

7500円(テキスト料、登録申請書等関係書類を含む。送料を含む。)

LinkIcon受講申込用紙

28年度日程認定申請書別紙.pdf


受講希望者の方はまず電話にてお問い合せ下さい。

 *受講希望者が少数の場合は中止させていただくこともあります。
その場合は次回講習に延期致します。
 Tel 054-624-3586