Welcome To Daichuji 
お釈迦さまに帰依いたします

梅樹の葉が落ち尽くすと枝にはかわいい花芽がのぞいています。見なれた景色でもやはり嬉しいものですね。
この度は宮中歌会始披講会会員であられるお二方に、和歌の披講をお願い致しました。
一日梅を愛でながら山中にお遊び下さい。

       記

 日  令和四年二月十一日(金)建国記念日
       大中寺境内
 
 時  九時より終日
        随所にて湯茶の接待
             有志の皆さま
 
 人  一時より 披講  本堂にて
           講師 近衞忠大 氏
           講頌 坊城俊在 氏

披講中は接待がありません
駐車場の用意はありません